人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

ベルリン再訪 with Leica M モノクローム(Typ246)

6年ぶりにベルリンを訪れました。ただし今回は出張の妻につきそって一泊だけの旅行でした。

片道約4時間ですからそれほど疲れません。6月末にロックダウンが緩和されたのでヴィールステスト陰性証明うんたらかんたらも必要ありませんでした。

しかし旅程が短いので機材は迷わずTyp246と赤ズマロンM28にしました。いろいろ面倒なことは考えずスナップ一本にしたのです。

shadow @ Museum Island, Berlin


思えば6年前はNikon D610と50㍉F1.8でした。
その前は2011年でLeica R7。
その前はたしか2005年でCanon PowerShotだったかな、まだDSLRはもっていませんでした。

それが今やLeica Mさまなんだなあ、と感慨にしたってしまいました(苦笑)

Typ246で撮影した結果はちょっとR7に似た感じで、つまりアナログぽく実に好ましいです。

赤ズマロンMのトーンの出の良さも大いに貢献しているのでしょう。

Berlin Palace


陰と影の描写はまさにLeicaですし、グレートーンの豊かさはおそらく赤ズマロンのおかげでしょうか、レンズ一本しかもっていかなかったので比較しようがありません。

撮影方法はF8前後に絞って被写界深度を深くとってAモードを選択、ほぼノーファインダーでした。

これがスナップの正しい撮り方なんだと思います。

↑のような風景ならじっくりピン合わせもできますが・・・

↓のような画ではカメラをむけるシャッターを押す、という辻斬り的が最良です。

Berlin central station 3


中央駅の暗い構内なのでISO感度はオートにして撮っています。結果はISO500ですんでいます。

しかし↓はISO1000までゆきました。

そしてF8に絞ったはずなのにEXIFはF13を示しており、そのせいかシャッター速度は1/30sに落ちています。

レンズが28㍉なのでギリギリOKです(でしょうか?)。

moving people @ Berlin central station


結果的にはスローシャッターになってほとんどの人物が動体ブレとなり良い効果になりました♪

当初はブレブレということでボツにしようと思いましたが、よく見ると止まっている人物もいるのでOKにしました凹凸

一泊二日で実質一日の時間しかなく限られた範囲で撮影となり、さらに二日目は雨ということで、おおくは中央駅での撮影でした。

次回も続きます。









by amselstillalive | 2021-07-15 19:42 | ドイツ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。