人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

ベルリン再訪 with Leica M モノクローム(Typ246)

6年ぶりにベルリンを訪れました。ただし今回は出張の妻につきそって一泊だけの旅行でした。

片道約4時間ですからそれほど疲れません。6月末にロックダウンが緩和されたのでヴィールステスト陰性証明うんたらかんたらも必要ありませんでした。

しかし旅程が短いので機材は迷わずTyp246と赤ズマロンM28にしました。いろいろ面倒なことは考えずスナップ一本にしたのです。

shadow @ Museum Island, Berlin


思えば6年前はNikon D610と50㍉F1.8でした。
その前は2011年でLeica R7。
その前はたしか2005年でCanon PowerShotだったかな、まだDSLRはもっていませんでした。

それが今やLeica Mさまなんだなあ、と感慨にしたってしまいました(苦笑)

Typ246で撮影した結果はちょっとR7に似た感じで、つまりアナログぽく実に好ましいです。

赤ズマロンMのトーンの出の良さも大いに貢献しているのでしょう。

Berlin Palace


陰と影の描写はまさにLeicaですし、グレートーンの豊かさはおそらく赤ズマロンのおかげでしょうか、レンズ一本しかもっていかなかったので比較しようがありません。

撮影方法はF8前後に絞って被写界深度を深くとってAモードを選択、ほぼノーファインダーでした。

これがスナップの正しい撮り方なんだと思います。

↑のような風景ならじっくりピン合わせもできますが・・・

↓のような画ではカメラをむけるシャッターを押す、という辻斬り的が最良です。

Berlin central station 3


中央駅の暗い構内なのでISO感度はオートにして撮っています。結果はISO500ですんでいます。

しかし↓はISO1000までゆきました。

そしてF8に絞ったはずなのにEXIFはF13を示しており、そのせいかシャッター速度は1/30sに落ちています。

レンズが28㍉なのでギリギリOKです(でしょうか?)。

moving people @ Berlin central station


結果的にはスローシャッターになってほとんどの人物が動体ブレとなり良い効果になりました♪

当初はブレブレということでボツにしようと思いましたが、よく見ると止まっている人物もいるのでOKにしました凹凸

一泊二日で実質一日の時間しかなく限られた範囲で撮影となり、さらに二日目は雨ということで、おおくは中央駅での撮影でした。

次回も続きます。









# by amselstillalive | 2021-07-15 19:42 | ドイツ | Comments(0)

「赤ズマロン」復刻版のグレートーン

あちこちのレヴューで散見するようにグレートーンの描写に特徴がある「赤ズマロン」Mです。

それをよく味わうために、コントラストとシャープネスを「中」にして撮影してみました。

またフィルタリングとして青をかけています。


gray tone @ Charlottenstr.,Düsseldorf


結果として軟調な画になりました。

50年代のフィルム写真撮影ではハイコンやカリカリのシャープネスは実現できませんでしたからこういう風なトーンの良さを目指したのか、とちらと思ったりしましたが、そもそも現代風なハイコンやカリカリ性は夢想もしなかったのかもしれません。

あたえられた条件の中でそれでもコントラストやシャープネスの向上はめざしたことでしょう。

いわゆるライカの特徴的な画作りとは異なる軟調な画がでてきてびっくりするとともにライカを見直したりもするのです。


gray tone @ Ad.,Düsseldorf


とうのも現代的なトレンドに逆光してこんな軟調な画作りのレンズを出す勇気に感心するからです。

しかしそれは結果であって、このレンズを復刻した理由は他にあったのかもしれません。

さらにしかし原版「赤ズマロン」と描写特性を知った上での復刻版制作なのでしょうからやはり「確信犯」なのでしょうか?

それにしても偉いぞライカ~!

とやや信者になりつつあるのか、オレ?(苦笑)


indoor service started again @ Da Bruno, Düsseldorf


↑の画は、行きつけのイタリアンの店、この日の一日前に室内サーヴィスが復活したので早速おとずれてみたのです。

いつもの場所にいつもの人がいて安心しました。

このオジサンは店のオーナー女将さんの父上でもう93歳、日がな一日この場所でゆっくりと人生をふりかえっておられます。

こんなシーンにはこのレンズのゆたかなトーンの優しい描写がぴったりですね♪

室内で暗いのでISO2500まであげています。しかしノイズはまったくありません。

こんなレンズを復刻してくれてありがたいことです♬






# by amselstillalive | 2021-06-16 18:15 | 写真撮影 | Comments(2)

復刻版「赤ズマロン」をゲットしてしまった件

そうなんです、やっちまんたんです。また買わなくてもいいレンズを買ってしまった、いよいよMレンズ沼か~?!

ライカ・オリジナルも少なくとも一本もっていたいと考えます、普通は。
で、当初はElmarit M 28mmを買おうかな、とは考えていました、でもちょうど在庫切れ。ライカは少量づつ在庫をにらみながら生産しているようですね。

5月の値上げ前に売れてしまったようです。

なぜElmarit M 28mmかといえば、現行ライカ・オリジナルMレンズでは最低価格だからでした。

ちなみ低価格ベストスリーは、

Elmarit M 28>>2150€
Summicron M 50>>2300€
Summaron M 5.6/28>>2600€

なのです。

おわかりでしょう。50㍉はすでにAPO Lantharがあるので、じゃあ次はということでSummaron M 5.6/28になった、というわけです。

しかし当然ながらF値の暗さが気になるわけです。


Leica Summaron-M 1:5.6 / 28


でもどうですか、この美しさ、買ってよかった~!♪

F値はどうする?いいんです、どうせ広角だし、どうせスナップ用でF8で普通使うんだから、と納得させました。

ということで、早速撮影結果をご紹介しましょう。

ISOをオートにして、F値はF8にシャッター速度は1/2000秒に固定して、ノーファインダーで撮影しました。


summer day @ Düsseldorf, Germany


カメラは6ビット認識しているはずなのに、F値をなぜか F9.5と表示します。

でもまあいいや、ゆるいところがMのいいところさ、と無理やり納得。

胃のあたりにカメラをかまえてノーファインダー撮影なので、不覚にも、まだ慣れてないからか、左手が画面に写り込んだのでトリミングしてあります。

影と陰の部分のトーンが好ましい♪


light & shadow @ central station, Düsseldorf


これもグレートーンが素敵だなと感じます。

あちこちで見かけるレヴュー通りのレンズ性能です。

F値の暗さはまったく気になりません、だってボケを期待するシーンじゃないから。

屋内では1/125秒に設定しました。

そして露出やピントを気にせず構図さえテキトーにバチバチ撮ります。

girls @ a corner of Düsseldorf


それで結果がよければいいじゃないか~。美しいもの、珍しいものが写っていればいいじゃないか~

という態度で撮影します。

それがこの機材の「正しい」使用方法だと思います。





# by amselstillalive | 2021-06-02 19:01 | 機材 | Comments(0)

台湾の記録映画監督・周世倫氏からの励まし

昨日のエントリーをFace Bookにて紹介したところ、数年来おつきあいのある台湾の記録映画監督・周世倫氏からの励ましを頂戴しました。

周監督は15年にドイツで初めてお会いして以来の友人ですが、18年と19年の台湾訪問ではとくにお世話になりました。

周監督の代表作は『暴民』ですがたぶん日本では公開されていないでしょう。監督が18年に当地の台湾協会と大学の招きで再来される直前に書いたブログ記事のURLを以下に貼っておきますので、よろしければ御覧ください。


周氏は記録映画監督ですからもちろん映像の専門家でいらっしゃるのでそのご意見は貴重です。


bokeh @ home garden 3


監督のお言葉によると、「構図がパワフルで、ストーリーテンションも驚くほど満ち満ちている。」

どうも褒め過ぎで恥ずかしいですが、こうもいわれています。

「個展を開くに必要な質と量の作品がありますが、シリーズ制作の企画と累積、特定のテーマの選択と持続する創作が欠けているようです。」

これはお言葉通りです。わたしは、作家ではなくとくにテーマを選んで撮影しているわけではなく、すべてが習作とばかりに錯乱した撮影状況なのですから。

かっては自転車を好んで撮影しましたが、それは街頭で目につきやすく他人から文句のでにくいモチーフがそれだった、というに過ぎませんでした。


6:55 pm


「ストーリーテンション」とはストリートスナップ作品には欠かせない要素ですが、どうも日本語になりにくい言葉です。

物語の緊張、ということですが、ある写真作品から物語性そしてその緊張感があると感じられる時に鑑賞者はその作品に惹かれるでしょう。

上にあげた二作からはそういう物語性も緊張感もありません。

おそらくそれは何かしら人と関連した画面に現れるようだし、人は他人のすること表現することに注意をむけるようにしつけられているのでしょう。

つまりはやりそれはスナップに求められている要素かもしれません。

power ball from nature


↑この一枚であれば「ストーリーテンション」があるかもしれません。

オールドレンズゆえに逆光に弱く盛大にハロとゴーストがでていて、一般的には破綻した撮影結果です。

しかし、物語性や緊張感といった視点からは合格とみなしてFlickrにアップしました。

今後はこういう絵柄を目指したほうがいいかもしれません。

周監督がいわれるように「いつか個展を」、とは夢想だにしていませんでした。

しかしながら仮の目標をそのように設定し、テーマを選んで撮影してゆくことは大事なことであり、貴重な提言と受け止めました。

できれば台湾をテーマに撮影したいものですが、さて何時になれば再訪が可能になるのでしょうか?

周監督にはこれまで密かに見守っていただき今回はとくに評価と提言を頂戴し感謝しています。ありがとうございました。

早く台湾で再会したいものです♬







# by amselstillalive | 2021-05-26 18:00 | 写真撮影 | Comments(0)

Canon 50mmF1.2 LTM(L39)とLeica Mデジタルとの親和性

だんだんわかってきたことがあります。それは知識として知ってはいたものの体感できていなかったものがいよいよ明確な経験として「わたし」に定着してきたからなのでしょう。

つまりLeica Mモノクロームに徐々になれてきてこのカメラでできることできないことがわかってきたということなのです。

レンジファインダーは古いシステムです。一眼レフの登場とともにいったんは滅びるかにさえ思われたほどのシステムです。

Leica社も経営危機に陥ったほどでしたが、現在のオーナーであるO氏の経営戦略つまりブランド・プレミアム路線すなわちライカ信仰を利用したお布施集めがあたって生き延びているのでした。


work @ home


とはいえMのRFというシステムに限って言えばやはり古さがめだちます。

結論から言えばその古さを活かす撮影方法が善哉、ということでありましょう。

写された絵柄が古い感じ、フィルムで撮ったような感じ、これを目指すべきなのだ、と思い至りました。

とすると、APOなどの現代的設計のレンズよりは各収差の多い性能が劣ったオールドレンズにより親和性があるでしょう。

今回はCanon 50mmF1.2 LTM(L39)で撮影してみてしみじみそう感じました。


DODGE


コントラストが低くシャープネスが高いとは言えないいわゆる「眠い」描写が良さげに見えるのはなぜでしょうか?

クリアーでヌケが良いちょうどNikon Z 6のような描写性能とは対極に位置するような描写、

それこそがLeica M Monochromが目指すべき目標のような気もしてきています。

RFというシステムに由来する合焦率の一眼レフおよびミラーレスと比較しての相対的低さ、つまり「ちょっとピンぼけ」のゆるさを好ましいものとする

結局は弱点を優位点とみなす意識の転換、はっきりいって阿Q的いいわけ、いずれにせよそういう見方をすると「よいカメラ」になるのです。


Reflection of light  @ lake


Nikon Z 6が秀でているような描写はそれにまかせ、RFシステムでしかできないような描写を追求するのが善哉、いわば身の程を知るということなのでしょう。

Leica Mシステムは、よく言えば趣味的、あるいは作品撮りに適しているという常識の裏にある事実は、誰も知ってはいても口にすることがない「不都合な真実」なのでした。

というような感想をCanon 50mmF1.2 LTM(L39)を使用してみてつくづく感じたのでありました。

これはAPO Lantharを使用してみての実感とはまったくことなる感想ではあります。

結局のところ写真はカメラではなくレンズ性能に由来する描写が決定的要素なのでしょうか?











# by amselstillalive | 2021-05-25 19:16 | 機材 | Comments(0)