アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

とくに必要としないKamlan 50mmF1.1を買ってすぐ返品した件

最近もちださないX-T2ですが、少し新鮮な気分を出そうととくに必要としないKamlan 50mmF1.1を買ってみました。

台湾のレンズメーカーであるKamLan Optical(瑪暢光電有限公司)が深圳工場で生産させているレンズのようです。

小型軽量でX-T2に似合いそうなのでアマゾンで注文しました。

結論からいうと、一日試写した結果返品しました。

光学性能があまりにも低すぎるからです。

snow drop

絞り開放値F1.1の数値に惹かれたのですが、これがとんだくわせもの。

APS-Cでは75㎜F1.6相当のボケ量です。

しかし明るさはあくまでF1.1なのでシャッター速度は4000-8000/1を多用しました。NDフィルターが必要です。

上の写真のように暗部ではこの明るさが強みです。

でもピント合わせが難儀な事。

当初は被写界深度が浅いのでしょうがないと思い、拡大機能を使ってもまったく合焦が確認できないEVFをすててモニターのライヴヴューでしかも拡大機能を使ってなんとかピン合わせができました。

と思ったのですがしかし帰宅してPC画面でみると合焦したはずの部分がまったくシャープではありません。

@walking path 4


こうしてブログ記事に貼りつけたかぎりではOKですが、PC画面の拡大ではまったく駄目です。

絞りをF2にして少しシャープになるのですが、F5.6に絞ってやっと納得できるシャープさになります。

これではせっかくF1.1の開放絞り値が泣くというものです。

小型軽量でX-T2に装着したときにバランスもよく期待したのですがまったく失望しました。

b0369153_04364714.jpg
F1.1で撮った画像 ↑


b0369153_04382065.jpg
F5.6の場合↑


これも記事上ではわかりにくいのですが、わたし的はどうにも許しがたい性能です。

とはいえ、もしこれが購入価格の半値くらいだったらお遊び用のおもちゃとして手元に残していいなとは思いました。

しかし150ユーロは高すぎですね。

b0369153_05075312.jpg


ドイツ・アマゾンのレヴューにも以下のようなシーンを撮影するにはフテキセツとありました。
●風景写真
●スナップ
●スポーツ、子供、野鳥などの動きもの
●逆光
●明るい背景のポートレート

つまりほとんどのシーンに向いてないという皮肉ですかね凹凸(^^♪
唯一ボケ写真ならOKということでしょうが、シャープさが一点もないボケ写真はわたしはすべてボツにしますからやはり駄目でしょう。

また、
●PCで100%拡大して見る人
●せっかちな人
●写真にシャープさを求める人
にも合わないと書いています。

この四つ星レヴューを書いたThomas Wyschkonyという方ご本人は写真の勉強になるので使用しているとのこと、しかしわたし的にはとても使用し続ける気持ちにはなれませんでした。

50㎜F1.1の有効口径は45,4545ですから、手持ちの大口径二本と比較してみると

50mmF1.2 Canon L39>>41,6666
55mmF1.2 Ai Nikkor>>>45,8333

ですから、ボケ写真ならとくにKamlan 50mmF1.1をキープする必要はないと結論を出しました。

このレンズ、大口径で小型軽量と二兎を追ったため光学性能が犠牲になったようです。

まろやかなボケはCanon 50mmF1.2L39が上手だし、Ai Nikkor 55mmF1.2の開放絞りから合焦点はキレキレにシャープ、にはまったく及びません。

光学性能を追求するとレンズは重くなる、このセオリーを身に沁みて感じた一件となりました。











# by amselstillalive | 2019-02-18 04:48 | 機材 | Comments(0)

EF24-70F4の広角を味わう

前回はα7RIIを持ちだしたのですが、装着していたレンズはソナー1.8/55だったので建築物撮影でストレスがたまってしまいました。

そこで翌日、6DMIIにEF24-70㎜F4LUSMでリベンジを試みました。

media harbour bill 2@ Düsseldorf


広角側24㎜はやはりしっかり働いてくれますね。

F8に絞ったのでメタル貼り壁の反射にもめげず質感もよくでたようです。

しかしこんな風に見上げる視覚では当然収差がでますがそれはまあ仕方がありませんね。

少し離れてカメラをまっすぐ構えれば問題はありません。

media harbour bill 2+3@ Düsseldorf


歪曲収差がでたように見えるのは大誤解で、フランク・ゲーリーの設計がわざとこうして歪んでいるのです(^^♪

20年前だったでしょうか、かっては税関があった場末にこの建築が三棟立ち並んだ時は心底魂消ました。

そして建築家の名前が建築に興味のないわたしのようなものにも深く刻み込まれたのでした。


light and shadow 4@Hafen, Düsseldorf


それとは別にその近くに建てられた凱旋門のようなオフィスビル、しかし吹き抜けではなく鉄骨とガラスで囲まれているのでわかりにくいのですが、角度によるとその凱旋門風がよくわかります。

それはともかく、ここではレンズの描写性能を見ていただければ幸いです。

線の細いシャープな画が好ましいです♪

と、ここまですべて24㎜で撮影しました。


Rheinterrasse @Düsseldorf


しかしどうも好きじゃないのですね広角は、そこで一番の好みの50㎜で撮ったのが上の一枚です。↑

ただし16:9のサイズにトリミングしました。ゆえに印象は広角風になりました。

やはり50㎜は万能の画角ですね。

ただし足で前後に移動することが肝心ですが。

それが面倒な時あるいは動くスペースがない時は広角が便利なことはいうまでもありませんが。

で、リベンジはどうだったかといえば、これがあまりスッキリしなかったのですね。

露出に苦労したからです。6DMIIの露出の癖にまだ慣れていないでしでしょうか?

次回はカメラ任せのPモードで撮影してみることにします。







# by amselstillalive | 2019-01-30 17:04 | 機材 | Comments(0)

α7RIIにもどって遊んでみる

あまりもちだすことがないα7RIIであります。

せっかくあるのに冬眠はかわいそうなのでちょっともちだしました。

で、おどろいたのは、これがけっこういいんですよね。

高画素機を生かした撮影もしてこなかったのですが、偶々モチーフの条件で絞りに絞ったところ、F22まで絞りましたよ、

これがなかなかよい結果をもたらしてくれました。

light and shadow 2@Hafen, Düsseldorf


Frank Owen Gehryの設計の建築です。

プラハにもDancing Houseという有名なものがあるのでご存知の方も多いでしょう。

b0369153_18191762.jpg




























(去年の8月にX-T2+XF35㎜F1.4にて撮影)



建築デザインの良し悪しは別にして興味深い、その場を異化し活性化する建築ではあるでしょう。

そのフランク・ゲーリーがデユッセルドルフに建てた「メディア・ハーバー・ビル」三棟の内のひとつが上の画のように

全面に銀色のメタルパネルを貼りつけたもので、光があると眩しく輝く第二棟です。

つまりは複数の太陽に向かってレンズを向けたも同然の状況ですから絞りに絞らないと画面全部が白とびします。

light and shadow 3@Hafen, Düsseldorf


撮影後確認したらISOが500でした。まったくの手落ち凹凸

ISO100ならF22まで絞らなくてもよかった(^^♪

JPEGの結果はやはりかなり白とびだったのでRAW現像で調整しました。

いや絞って撮影することはあまりないのでよい勉強になった遊びでした♪






# by amselstillalive | 2019-01-21 18:32 | 機材 | Comments(0)

とくに必要ではないEF85㎜F1.8USMを買ってみた件

EF24-70mmF4L IS USMは800ユーロと廉いのかどうか微妙な価格です。わたし的には無論高いのですが凹凸

さすがのLレンズらしく実にシャープで切れがよい描写です。

ですが、そういう描写では飽きる、そしてボケが欲しくなる。妙なサガなのであります。

上の標準ズームのキャッシャバックで次のレンズを買うと240ユーロが振りこまれる、というので買いましたよ、とくに必要ではないけど

よくボケるの(^^♪

bokeh@Düssel, Düsseldorf


このレンズは珍しく店頭にて購入しました。

その帰路さっそく試写してみたのです。

いやあ、開放値F1.8しかないけど充分ボケます。

F4通しの標準ズームと比較するのでそう感じるのかもしれませんが、

しかし有効口径は50㎜F1.4より大きいのでそれよりはボケるのは当然です。

bokeh@Bilk, Düsseldorf


さらにAFの効きがいいなあ♪

Samyangの85㎜F1.4はFマウントなのでアダプターを介してEOS 6D MKIIにも装着できるし試してもみましたが

これがどうも使い難い。だってMFですからね。一眼レフの光学ファインダーでは合焦点を確認できません。勘頼りです。

液晶画面ではEVFと同様に拡大機能もあるのでMFでもピン合わせができるのですが、せっかくのDSLRなので光学ファインダーを使いたい、

そこでAFレンズを買うことになりました。

bokeh 2@Düssel, Düsseldorf


一枚目と同じモチーフですがピンを合わせた位置が違います。

AFでも思ったところへほぼピンを移動できるのでまあ満足です♪

しかし、思うのですが、

このレンズ、どうも縦位置で撮影したくなるのはなぜでしょう?

後景が大きく取りこめボケが強調できるから

そんなことを無意識にしているのでしょうか?

謎は深まるばかりです凹凸(^^♪




# by amselstillalive | 2019-01-12 22:05 | 機材 | Comments(2)

標準ズームの70㎜だけを使ってみる

EF24-70mmF4L IS USMの望遠側70㎜をF4開放でスナップに使ってみました。

70㎜F4の有効口径は、70÷4=17.5ですから、50㎜のF2.8のボケ量に相当します。(50÷17.5=2.857)

ゆえに望遠側で撮影すればそれなりにボケるのですね。

b0369153_22375824.jpg


という事実を念頭に置きつつスナップ撮影してみました。

35㎜フルフレーム一眼レフに標準ズームでスナップというのは不適切な機材でしょうが、

しかしせっかく買ったレンズなので使いますよ、わたしゃ(^^♪

こういう場合、バリアングル液晶は使い難いですね。むしろチルトのほうが善哉。

でもノ―ファインダーで撮ったのであまり関係ありません。


winter high noon@Duisburg, Germany


お昼をちょっとすぎただけなのに、まるで夏場の宵闇せまる黄昏みたような斜めの陽射し

これが北欧の冬なんですね。

しかし陽が射しているだけでどれだけ嬉しいことか凹凸(^^♪

逆光でもノーファインダーだから平気♪

AFの食いつきはいいようですが、ピントは画面左のお姐さんにいったようです。

下の画はしかし人物がほぼ横並びなのでまあ普通にピンがきたようです。

winter high noon 2@Duisburg, Germany


写っているお兄さんたちはどう見てもアラブ系ですね。こういう方々が増えました。

こういう方々の購買意欲は高いので消費もきっといいのでしょう。

リタイアしたものには関係ありませんが。

それはともかく

70㎜F4の描写はけっこういいな、と感じました。背景もすこしボケたようです。

70㎜というとSigmaのマクロレンズしか思いつきませんが使ったことがないので知りません。

85㎜より標準レンズよりなので使いやすい気がします。

というのも、わたしの加齢が四捨五入で70に近づいているからなのでしょうか?







# by amselstillalive | 2018-12-19 22:51 | 機材 | Comments(2)