アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

タグ:XF35mmF1.4R ( 23 ) タグの人気記事

【一時帰国篇】建仁寺をX-T2で

年末年始があって、一時帰国の感慨がすっかりどっかへいってしまった(苦笑)

で、いまさらながら記憶をすこし温めてみる。

京都祇園は花見小路を南に突き当たるとそこが建仁寺である。

もと鎌倉建長寺館長でおられた湊素堂老師が建仁寺にお移りになったのは昭和55年だった。


moss@Kennin-ji, Kyoto



老師は十年前に94歳で遷化された。

特に親しくお目にかかったことはないが、家が檀家になっている寺の本山が建長寺であるため、

当時は毎年老師のお書きになった書と禅画のカレンダーを頂戴していた。

ただそれだけの縁なのだが、なにやらありがたきご恩を感じている。


water bowl@Kennin-ji, Kyoto


しかし老師が京都へ移られて以来はそのカレンダーも入手できなくなった。

またわたし自身も祖国を離れて暮らすようになったため老師の謦咳(の噂)に接することもなくなったのである。

それからほぼ30年が過ぎ、老師遷化から10年にしてやっと建仁寺を訪れることができた。

建仁寺といえば今やその法堂の天井に最近描かれた双竜図が有名になってしまったが、

わたしにとっては素堂老師のお姿を追うトポスである。


roots@Kennin-ji, Kyoto


晩秋の京都はライン低地地方に比して随分と暖かく、

紅葉の名残が過ぎ去った華やかさと

すでにおられぬお方の面影を偲ぶにふさわしい侘しい光が庫裏の中庭に満ちていた。


Autumn at the trace2@Kennin-ji, Kyoto


そのころ幼きわたしの禅への関心をかきたててくださった老師との

一期一会がその光だったのだろうか?

合掌

















[PR]
by amselstillalive | 2017-01-12 21:44 | 日本 | Comments(2)

【一時帰国篇】人物をX-T2で

前回のエントリーのなかの人物撮影について、ルリビタキ師匠からご注意をいただいた。

ご指摘のようなトラブルには遭遇したことはないがそのリスクはたしかに存在するだろう。

ゆえにドイツ当地ではほとんど人物を真正面から撮影することはない。


Chinese people learning how to use water ablution(手水)@Fushimi Inari, Kyoto


伏見稲荷の手水場で水の扱い方を学習するシナ人諸君を撮影した。

こうした些細な事でも重要な件で努力をするツーリストは好ましい♪

左側の男がこっちの方を指さしているのがあとで分かったが、何か文句があったのだろうか?

その場では何もクレームのようなものはなかったが・・・・

以下もシナ人らしきカップルが和服を着て白川あたりをお散歩らしい

Chinese people wearing Japanese Kimono@Gion, Kyoto


これは日本らしい街並みを撮っていたところへ彼女らがフレームインしてきたから

こっちに非はない、と断言しておこう♪

以前よりはぐっと増殖中の和服を着たツーリストだが、聞こえてくる言葉はほぼすべてがシナ語である。

といっても台湾国語も混じっている。

台湾人が和服を着たいという気持ちは素直に受け止めたいが

大陸人となるとその反日との論理的整合性はどうなのか、と疑問に思うが、

よいほうに考えると親日が本音なのだし、悪い方に考えるとこうして背乗り工作の準備、ということだろうか?

さて、それはともかく

The proprietress of Gion-Kirara, Kyoto


上は花見小路にある「祇をん・きらら」というお店の女将である。

ご本人にインターネットで拡散しますがよろしいですか、と確認したところ

どんどんしてほしい、ということなのでFlickrに続いてこちらにも掲載する。

その「きらら」でいただいた「彩御膳」である。


Irodori-Gozen(彩御膳)@Gion-Kirara, Kyoto


おばんざいと天ぷら、炊き込みご飯と汁でなんと1800円というリーズナブルなお値段

お味も京らしいはんなりとして素材の味が際立つ美味しさだった。

京におでかけの節は是非ともお寄りになってみてはいかが?


お店の紹介ついでに以下も

京都東山二年坂、港屋 丹波黒 二年坂店の看板娘が売る「あげもち」が美味だった件

「あげもち」四個で200円也

Smile for you, Mitato-Ya shop at Ninenzaka Kyoto


笑顔が可愛い看板娘

彼女からもしっかりご承認はいただきました♪

こんな笑顔が撮れるとは大収穫ではあった。






[PR]
by amselstillalive | 2016-12-28 05:51 | 日本 | Comments(12)

【一時帰国篇】清水寺近辺をX-T2で

亡き父の七回忌の法要のため一時帰国した。

もっていったのはX-T2にレンズはXF35㎜F1.4Rの一本のみ。

実に潔い選択であると自画自賛するのであります♪

今回も時間の都合で京都は一日のみ、またもや大阪在住の幼なじみS君のお世話になりました。

大阪のホテルから一時間で清水寺に到着。

大阪と京都は近いなあ♪

Autumn at the trace3@Kiyomizu, Kyoto


紅葉がなごる初冬というには暖かい日だった。

約50㎜相当の標準レンズゆえ制約はあるものの割り切って使えば何も問題はない。

X-T2のストレスレスな操作性で気持ちよく撮影できた。

Autumn at the trace2@Kiyomizu, Kyoto


ライン低地地方よりも約10℃は高い気温ゆえやや汗ばんでくるほどである。

こんな紅葉はドイツにはないが、あっても一月前の風情である。

今年だけがこうなのか旅行者には知りようもないが

ただ目前に展開する光景を無心に撮るばかりだ。

紅葉はやはり透過光で写すのが善哉♪

Autumn at the trace@Kiyomizu, Kyoto


風景なら絞りたいところではあるが、ひたすらF1.4開放で撮る。

狙いどおりに立体感・空気感がでて嬉しい♪

RAW現像はせずJPEGで撮ったものに若干の手を加えた。

フィルムシュミレーションは、クラシッククロームである。

渋い発色が京都の晩秋あるいは初冬の光景に実に相応しい。

最後にACROSで撮ったものを以下に
Ninenzaka(二年坂) Kyoto


二年坂を下る愚息を撮ろうとしたのだが

悲しそうな目をした女子が目に入ったので急遽そちらへフォーカスした。

外人らしい男に騙されているのだろうか?

早く現実に目覚めよ、と余計なことを思う凹凸

スナップショット用としてもよく使えるX-T2なのであります♪







[PR]
by amselstillalive | 2016-12-21 21:02 | 日本 | Comments(6)

アムステルダム、夏の黄昏

夏の黄昏といっても欧州北部のそれが始まるのはまあ10時頃だろうか

しかもかなりロンドンに寄った位置にあるアムステルダムは

ベルリン時間よりおよそ1時間は遅い。

summer evening in Amsterdam


夏の時間はゆっくり進み、午後6時といっても暮れるには早すぎる。

しかしすでに仕事をひけた人々なのか運河に船を出して遊んでいる光景が多く目に入る。

これは運河が四通八達した都会ならではの生活である。

冬時間であればまだ5時なのでまだまだ陽は高く

仰角45度ほどの天空にあり地を照らす。

しかし8時ともなるとそれもぐっと傾き

夕方らしく空が赤らんできた。


summer evening in Amsterdam 2


建物の陰はそろそろ暗さが勝っても来るのである。

このころからヨタカたちも三々五々盛り場にいできたる。

こっちはもうそんな人生の時はとっくにやりすぎてしまったことゆえ

こころがざわつくこともない。

ただ時がゆっくりと移ってゆくのを呆然と眺めるのである。

そんな者にとって市中心部を流れるアムステル川のほとりがいちばん似合うようだ。

エルミタージュ博物館アムステルダム別館に夕日が照って美しい。


summer evening in Amsterdam 3


この後景を眺めていたこちら岸を

あっちへ移って振り返るよう眺めれば

こんな光景なのであった。
summer evening in Amsterdam 4


夏にしては早めの夕食もすでにとってしまったので

後はお好みのカッフェーに陣取って

黄昏が宵闇に移り変わってゆく様を

見つめて時をやり過ごすばかりだ。

人生のうちにこんなひと時をもつことこそが

さて結局は生きる醍醐味ではないか

と齢を重ねるままに考えるようになってきた。

わたしの人生の黄昏もようよう近い。







[PR]
by amselstillalive | 2016-11-12 07:49 | Amsterdam | Comments(2)

Sigma製作の短編映画『blur』について

昨日たまたまSigma製作の短編映画『blur』にめぐりあって激しく感動した。

そこでFacebookでシェアしたが、たったおひとりだけが「いいね」をしてくれただけだった。

わたしの感覚はよほど皆さんとは乖離しているようだ。

シェアにさいして以下のようなコメントを書き加えた。

写真撮影の意味の根源に迫る傑作!
たった15分の短編だが、父と子・家族、生と死をめぐるものとしては
小津の『東京物語』にゆうに匹敵する大作であろう♪
自身が冴えない写真好きの父親としては泣けて仕方がなかった凹凸
Sigma,GJ!!


というのだが、このコメントが余計だったのかもしれない凹凸

その短編をご覧いただきたい。



いかがだろうか?

タグづけするなら

#写真撮影の意味

#『東京物語』

となろう。

さらにいくつかの理屈を並べたてる必要もなかろう。

これがご理解いただけたのであればあなたはわたしのパートナーであります♪



さて、これだけではなんなので自作を一枚貼っておきます。

at the café 't Hooischip, Amsterdam

アムステルダムの

café 't Hooischip

という名のカフェバーで撮影した。

この日は例の日帰りアムステルダム行の終盤で

けっこう歩き疲れてそろそろ中央駅へ行こうと

ここを通りかかったら別行動中の家内に呼び止められ

この日最後のビールを味わった

その幸福感に満ちたひとときに撮った数枚のうちの一枚だった。

冴えない写真好きの記録である。






[PR]
by amselstillalive | 2016-11-10 18:20 | 写真撮影 | Comments(9)

アムステルダム、自転車、モノクローム、ボケ、光蜥蜴

わたしの最も好きなモチーフは

自転車、ボケ、光蜥蜴

をベストスリーとするが、

これがアムステルダムにおいては百花繚乱なのである。

更新の遅い幣ブログゆえ多くのイメージが未載録になった。

ここでこれらを一気に掲載することにします♪

Bike at canal in Amsterdam 37


Bike at canal in Amsterdam 38

Bike at canal in Amsterdam 39

Bike at canal in Amsterdam 42


Bike at canal in Amsterdam 43

Bike at canal in Amsterdam 44

sunset light on Amsterdam

Bike at canal in Amsterdam 46

Bike at canal in Amsterdam 47


Bike at canal in Amsterdam 48


Bike at canal in Amsterdam 49


autumn light on Amsterdam 6


Bike at canal in Amsterdam 50


Bike at canal in Amsterdam 52


ほとんど中毒症状が見られる

或は、淫するほどの情熱ぶりが見ていて恥ずかしいが

これがわたし自身の意識状態あるいは「まなざし」の在処なのだ♪

まだまだ在庫はあるのだが

本日はこれにて

残りはまたあとでね♪







[PR]
by amselstillalive | 2016-11-02 19:13 | Amsterdam | Comments(6)

バルバロッサ直属の中世都市

フランクフルトから東へ向かうアウトバーンA66号線で約一時間、


縁あってちょっとこの街に立ち寄った。

あたりは低い山並みが続く土地で、街はその山に沿って比較的長く造られている。


at Gelnhausen, Germany


ドイツの木組み建築「Fachwerkhaus」はわが国の旅行者に好まれているが、

この街はそれをよく保存しているのでわりと有名なのだ。


OLEG1357


神聖ローマ帝国はローマを名乗ってはいるがドイツ帝国なのはご存知だろう。

詳しい説明は省くが、その帝国は皇帝が統治したが中には「帝国自由都市」と呼ばれた皇帝直属の都市があった。

皇帝の中ではフリードリッヒ一世は「バルバロッサ=Barbarossa=赤髭」として知られている。

ゲルンハウゼンは、その赤髭の帝国都市だった。

帝国都市というと威風堂々としているが其の実人口2万人ほどの街に過ぎない。

OLEG1366


中央広場もわりと高台にある。

普段は日を決めて市場が立つのだろうが訪れたその日は広場は駐車場になっていた。

OLEG1369


広場に面して市庁舎と↑

教会がある↓ のは定石どおりである。


OLEG1368


このイタリア風のザンクト・ペーター教会はカソリックで、宗教改革後は廃され工場に転用されていたが後に復活したそうだ。

エヴァンゲーリッシュ(福音)派の教会は中心を少し離れた東側にあり、これよりずっと立派である。

バルバロッサはイタリア統治に意欲を燃やし、息子のハインリッヒ六世はシチリア王になってずっとイタリアにいついたため


at Gelnhausen, Germany



その息子でバルバロッサの孫になるフリードリッヒ2世はシチリアに生まれ生涯南イタリアで反皇帝派との戦争にあけくれた。

それでも南イタリアではフェデリコの愛称で親しまれている。

アラブ語を含む数か国語を話す学問と芸術を好む開明君主であったからだ。

以上は余談だがバルバロッサというイタリア語の渾名をもつ皇帝らしくこの街にもイタリアの風が吹き込んでいるようだ。


at Gelnhausen, Germany


この坂を下って少しいった郊外にバルバロッサの宮殿跡がある。

車で通りすぎただけだったので写真はない。

たった半日だけの訪問だったがよい印象を残した街だった。

たぶんもう立ち寄ることもないこの街と市民に

幸多かれと祈る。








[PR]
by amselstillalive | 2016-10-27 21:34 | ドイツ | Comments(2)

アムステルダムの回億と来年の展望

前回のアムステルダム日帰り行からすでに一月が経ってしまった。

また前回のブログ更新から一旬過ぎた。

わたしはいったい何をしているのだろう(苦笑)

autumn light on Amsterdam 5


一月前は20℃もしていた気温も今や10℃に達する日は少ない。

暖房もとっくに入れている。

今日は霜が降りて黄葉や紅葉も一気に進んだ感じがする。

いわゆる「黄金の十月」らしくなってきた。

Bike at canal in Amsterdam 50


その十月もあと一週間だ。

その先には例年どおりであればもう冬だ。

というのも十月の最終終末に夏時間が終了し冬時間にもどるからだ。

これからは夏の思い出で気持ちを温める日々が待っている。

autumn light 10


そのための仕入れは今年についていえばもっぱらアムステルダムで行った、という結果になったようだ。

あとは3月末のヴァレンシアがある。

とするとかなり燃料は準備補給されたのである♪

また今年はD610の出番がどんどん減ったのは

X-T10さらにはX-E1のパフォーマンスが想像以上によかったからだ。

autumn light on Amsterdam 8


ボケ具合ではやはり35㎜フルフレームに及ばぬが

目に心地よいフジフィルム・センサーのトーンの出方には大いに惚れ込んでしまった。

この機材と好きなトポスで気ままに撮影ができたことに

家族とそして何者か偉大なる存在に感謝をささげたい。


autumn light on Amsterdam 8(Walter Süskindbrug)


来年もまた斯くの如き収穫の多い一年であれかし

と、まだ早いが(苦笑)願う。

すっかりお世話になったフジフィルムの機材については

来年はさらに一歩の進展があるものと考えている。

つまり、あれかこれかの選択に迷ってはいるが

ハイエンドの導入があればいいな、と思っています♪






[PR]
by amselstillalive | 2016-10-24 02:59 | Amsterdam | Comments(6)

アムステルダム慕情

XF35㎜F2R WRの発色について述べる前に、アムステルダムについての感慨をここでまたひとつ。

以前「Amsterdamに惹かれる理由」でこころみたものの

納得行く説明ができなかった。

それもむべなるかな、いったい人や物事に対する感情を言葉で

つまりは意識で完全に捉え説明すること元来不可能なことであろう。

the city on water


中央駅をでてこの光景を眺めるたびに無意識はこの街にとどまる幾多の人々の集合無意識へとアクセスする。

前にも述べたが水は霊気や聖霊をたたえる効能があるというゆえ

水の上に浮かぶがごときこの古都にはそれこそ無数のスピリットがとどまり

来ては去って行く人々の霊感にたゆまなくあるメッセージを送ってくる。

Bike at canal in Amsterdam 40

いっぽうフィジカルな世界においては光が水に反射して運河のほとりは明るい。

ほぼ全土が低地を干拓して排水のための運河を張り巡らせたオランダ全域にいえることだが

これは北ヨーロッパにおいては精神世界にあたえる貴重な資源である。

エラスムスやデカルトなどの明晰な思索は低地地方の光のお蔭かも知れない。

autumn light on Amsterdam 3

背景のボーッと明るくなっているあたりが運河である。

陰鬱な石の建物が続きセーヌ川沿いだけが明るいパリとはちがうこの雰囲気こそ

オランダ人の開けた精神を育む風土なのだろう。

アムステルダム大学もこうした運河の水と光に囲まれて

若き人々をして自由と開放された空気を味あわせているようだ。

autumn light on Amsterdam
(背景つきあたりが大学である)

初めての来訪以来、わたしの奥深いところをつかまえてはなさない

この都市の魅力の核心はこの雰囲気そのものなのである。

まさに曖昧な説明にもならぬ説明ではあるが

そうとしか言いようがない。

ここを訪れ何も感じなければそれまでのこと

感じる人は感じる、とはトポスだけの話ではなく事物と人

すなわちこの世界そのものの成り立ちに由来する真実であるだろう。

autumn light on Amsterdam 2

世界のなかにこの都市があり、わたしがいる。

そしてこの都市にいる時わたしが何か特別な情感とそれ以上の何物かを体感する

それ自体で事態はすべて完結しており

元来それを何か別の言葉で置き換える必要はない。

わたしはこのことを誰か他の人に理解していただく要がないからだ。

それでももしこれを読んだあなたがすでにこの街を訪れ

わたし同様な「感じ」を受け取っておられるなら

すなわち共鳴してくださるであろう。

それだけのことなのであった。






[PR]
by amselstillalive | 2016-10-09 19:11 | Amsterdam | Comments(4)

今更ながらFujifilm X-E1をゲットしてみた♪

X-T10の描写ですが、どうも今一すっきりと腑に落ちません。

X-M1の方が自分の好みような気がします。

そこでX-M1と同じX-Trans CMOS初代センサー搭載のX-E1をゲットしてみました。

もう4年前のモデルですから中古相場ではかなりの安値でした。

my chair

早速、XF35㎜F1.4Rを装着してテストしてみました。

案の定、軟調で諧調もよく気に入りました。やはりX-Trans CMOSは一代目のほうが善哉のようです。


二代目センサー搭載機で最初に使用したのはX20でした。

その時もなんか違うなあ、という気持ちが払しょくできず手放しました。

どこに違和感があるのかといえば

やはり諧調でしょうか?

そして細部描写。

on the way to read


これは普通のモノクロで、シャドウ、ハイライトトーン、ノイズリダクション、シャープネスなどすべてデフォルト「0」設定です。

わたしがFuji Xに期待するのはこんな諧調と滑らかな細部なのです。

しかしX-Trans CMOSIIにはこれが欠けているような気がします。

より高精細が売りですが、なにデフォルトでシャープネスを高めに設定しているのではないでしょうか?

ゆえに拡大表示では細部が潰れて見えます。

siesta

そこで最近では、X-T10での設定をシャドウトーン-2、NRも-2、シャープネス-1で撮影しますが

それでもX-E1の滑らかさがでてきません。

やはりX-Trans CMOS二代目には改悪があったのでしょうか?

とするならX-E2もきっとだめだろうと思います。

fruits waiting for birds


こんな軟調な画は嫌いだ、というユーザーが多く

メーカーも商売ですから市場の動静に流されて当初のポリシーを忘れたのでしょうか?

あるいはわたしの撮影技術が未熟故に

二代目センサーで好みの描写が引き出せないのでしょうか?

しかしX-E1がわたしの悩みを軽く解決してくれました♪

complicated feeling


問題は三代目がどうなのかですが、X-Pro2は買う気になれずX-T2を狙っていますが未だ品薄状態で入手困難です。

年末には出回るでしょう。

X-T2の描写性能はむろん期待できそうです。

X-Trans CMOSIIIの24MPはフルフレームの36MP並みの高精細だそうで

D810より優れた画質だという評価も聞こえてきます。





昨日フォトキナで中判ミラーレス GFX50Sが発表されました。

まさにGamechanger、試合の流れを一変させる大胆な製品です。

このような製品を開発できるFujifilmを尊敬します。

そんな企業が開発したX-Trans CMOSセンサー三代目

その描写傾向が初代とは違う魅力があるのかどうかも気になります。

高画素は精細感以外にも諧調表現においても有利なはずです。

憶測するに初代と二代目間は特別な技術の発展はなく小手先のいじりで市場の要求に迎合した

というと身も蓋もないいい方ですが、実際のところは当たるとも遠からずではないかと思っています。

しかし三代目においてはかなりのテクノロジージャンプがあったのではないか

と期待しているのです。

それが自ら確認できるまではX-T10よりこのX-E1を重用することになりそうです♪








[PR]
by amselstillalive | 2016-09-21 22:20 | 機材 | Comments(6)