アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

タグ:Sony a7 ( 2 ) タグの人気記事

とくに必要としていないSigma 30mm f1.4 DC HSM Artをゲットした件

Sigma MC-11をゲットしたらなんだかEOS EFマウント・レンズが欲しくなりDistagon35㎜F2ZEを買ってしまった。実はその前にSigma 30mm f1.4 DC HSM Artを購入していたのであります。

初めてのArtレンズであります。

かってはSD14,SD15用定番レンズとして30㎜f1.4EXを愛用していたのですが、SDカメラと告別するにあたり他に使い道のないSAマウントレンズも一緒に旅だって行きました。

しかしながらカメラ・レンズともに清冽な印象を残して行ったのです(と、遠くを見る目・・・)。

familiar light and shadow


その思い出忘れがたくいたのではあります。そして後継レンズが「Art」として甦っていたことも知ってはいたのです。

しかしはなから縁のなかったCanonも、またNikonもSigmaもAPS-Cセンサーとはおさらばしていたのでそれを購入するという気にはなれませんでした。

そしてはからずもMC-11という変な、いや素晴らしいアダプターが存在する世となりα7ゲットとともに今やっとかっての神レンズの後継と出会うことになりました。

とはいえどうもしっくりこないのは何故だろう?

familiar light and shadow 3


どうもコントラストとシャープネスが強すぎる~!色だって濃すぎるぞ~~

これが「Art」レンズの特性なのだろうか?あるいはこれが今風な一般受けする傾向なのだろうね。

あの、かってのまろやかなボケはどこへ行った?

しかし、機材はあくまで使い方次第と思いなおす。

indication of fall

そしてあっちゃこっちゃカメラを調整し、またフォトショップでいじって、やっと今の自分の好みの、そしてそれはかってのSDとEXコンビの味わいでもあったのですが、そういう風味を出せるようになりました。

やれやれ😥

こうしてやっと「Art」レンズとは何かという片鱗をつかんだのであります。

ピンがきた部分のシャープさといい、ハイコンがもたらす立体感といい、また質感も素晴らしい。

これは是非SDで使ってみたいな、という余計なもやもやさえ湧きあがるのであります凹凸


summer evening light 25


いやいやα7の24MPセンサーも充分善哉なのでありますよ。

が、それにしても、Sigmaレンズの描写傾向はLeicaさま的味わいかな、と

ほぼ同時に購入したDistagon35㎜をあわせて使用しているせいか、そう感じるのであります。

本日アップしたイメージもそういえばそういう傾向が強そうです。つまり影の描写にアクセントがあるような・・・

これを思い切り絞り込んで低露出としハイコンとシャープさを強調したらどうなるか?

indication of fall 3

と、こうなりました。

これはやはりLeicaさまというよりSigma世界なのでありますね。

いや、めでたし、めでたし、と(^^♪





[PR]
by amselstillalive | 2017-08-03 05:09 | 機材 | Comments(0)

ボケパノ(Bokeh Panorama)セカンドステージへ

ボケパノ(Bokeh Panorama)に関しては一月以上のごぶさたになってしまった。

この間、Facebookに『和風ボケパノ』というグループを作って有志と技術及品評交流をしていた。

4月から始めたボケパノだが試行錯誤の期間がほぼ終了したかな、と自己判断している。

BP1MS12bw
これなどは、50㎜F1.8(Rollei Planar QBM)をα7に装着したのだが、あまり歪みもせず3D感もよくでたほうだった。

できれば85㎜か135㎜がボケパノ向きだろうが50㎜もなんとか使える。しかもF1.8でもそこそこ行けます(^^♪

しかしながら85㎜F1.4で撮影するとほんと楽々とボケ、また浮き上がってくれるので楽しい。

early summer evening light


英米の大御所たちはCanon FD 85㎜F1.2Lが御用達なのは以前にも述べたがしかしF1.4でもまあ問題なく撮れる。

そこで機材はわたし的には、α7+Samyang 85㎜F1.4を定番とすることにした。

しかし、とくにボケパノを撮ろうとしてではなくお散歩カメラとして標準レンズをつけていてひょいと気が向けばボケパノを撮ることもある。

それが上のRollei Planarだった。これもあり、ですね。

Under the Lime Tree

散歩でも、今日はボケパノだと気合を入れる日もあるわけで、そういう時はモチーフを探す時もボケパノ視点になっている。

機材以外でも合成枚数と合成ソフトが重要なのだが、試行錯誤の結果今は3x3の9枚を左上開始の「逆S字」撮影にして、ソフトはマイクロソフトのICE(Image Composite Editor)を主に使用している。

これが自分的には一番楽でストレスなしにボケパノが合成できるというわけで、こうして、機材、撮影枚数と方法、合成ソフトのボケパノ三位一体がほぼ決まった。

決まる前には英米の大御所たちを真似て大枚のショットを重ねていた。

以下などは、6x4の24枚だった。

lonely bike

こうするとボケの部分が増加しまた画面が大きくなるのでよりボケパノらしいことは確かであります。

しかし急いて付け加えておくとこの時使用したレンズはAi Nikkor 55㎜F1.2でありました。

そのためよりパノラマ感がでたようです。

こうした経験を踏まえた上で、しかしあえてすでに述べたような機材と撮影枚数及方法、合成ソフトでじぶんのスタイルが決まったようなので、これからはこのテクニックを利用したセカンドステージへ進めるな、と判断したのであります。








[PR]
by amselstillalive | 2017-06-24 17:20 | 写真撮影 | Comments(4)