アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

タグ:Sony α7 ( 6 ) タグの人気記事

Porst 135mmF1.8でボケパノ実践編2

実践編1からなんと2か月が経ってしまっている。この間、ボケパノ撮影は8月に一回だけだった凹凸

その後、Budapestへ旅行し、そこから帰って一日おいてすぐ一時帰国にたってしまった。

つまり8月分が紹介せぬままお蔵となり今日にいたってしまったわけです。

そこでその分を遅まきながらアップしようというわけ。

late summer light@lake

これは過剰露出だったがボケ味が独特なのでボツにできなかった。

これだけボケると嬉しいな、ということです(^^♪

ボケたといえばこれ↓

late summer light@forest


ドリーミーでスウィートな背景に自らウットリしてしまった。

135㎜で普通に撮ってこれほどボケたろうか?

ボケパノの長所をあらためて知らされる♪

summer light again


この日はよく晴れてモチーフのコントラストが強かったので、135㎜という長いレンズで手ブレ防止なしの機材だったがピン合わせは楽だった。

こういう状況下ではα7初期型で充分だなあ、と実感する。

ということでII型導入はおあずけである(よかった♪)

summer light again 4


このレンズにも慣れてきてピン合わせも苦労せず、またオーヴァーラップも左右上下とも50%と決めたので撮影もサクサクと進捗する。

何事も慣れとスキルの積み上げなのである。

自画自賛ながら、だいたいこれで135㎜も第二ステージという自己評価を下しておくのである🎶。







[PR]
by amselstillalive | 2017-09-24 18:09 | 写真撮影 | Comments(0)

Porst 135mmF1.8でボケパノ実践編1

Porst 135mmF1.8という新たな機材を導入してしまったため、ボケパノ・スキルを再度やり直し習得することになりました凹凸。

しかし約800gというその重量のため、これを装着して持ち歩くのが面倒なのであります。また負荷とバランスを取るため身体の一部とくに腰に疲労がたまるのです。

そこで、天気が良く今日はチヤリンコに乗れるな、という日に限っての持ち出しになりました。これなら身体の負担が少ないからです。

summerfield


いつものチヤリンコ道ですが、ここは自治体が努力をして自然環境が残されている場所ゆえ

まるで英国の野を思わせる(まだ行ったことはない凹凸)フィールドなのであります。

小川も護岸舗装などという愚かなことはしておらず、植生も野生化しています。

135㎜f1.8は中望遠なので一枚づつを見ると細部拡大にしか過ぎませんが、ここでは20枚を重ねているのでこれほど広角なイメージになりました。

まさにボケパノらしい写真になった、と自画自賛する撮影者であります(^^♪

以下は少しエラーが出た例です。↓


bridge


135㎜導入後はICEが合成を拒否するトラブルばかりで正直めげました。

しかしオーヴァーラップの割合に注意して撮影したところICEも受け入れるようになりました。

縦横方向ともにオーヴァーラップ50%を心掛けて撮るようになりました。

これ以前はまあけっこういい加減に撮影していたのです。

で、この橋のどこがエラーかといえば向かって右側の橋げたに合成エラーがでています。

またトリミングで見られるところを切りだしたのですが、実は上部の枚数が不足してアウトだったのでその部分は切り捨てました。

結果上のようなイメージになってしまいました。

しかし光蜥蜴の有様が素敵だったのでこれはこれで善哉として残したものです。


summer evening light 22


これはたった4x3=12枚合成ですがそれなりにボケパノが成立しました。

ただし今回は結果的にすべて横長になりました。

もしロクナナ風イメージを得体ならば4段あるいは5段にする必要があるようです。

とすると4x4=16枚、4x5=20枚が必要ですが、その程度の枚数ならすでにこのエントリー一枚目で費やしているので無問題です。

要は撮影時にまず結果をイメージするその構想次第ということでしょう。

しかしどうしてもロクナナにする必然性もないわけで、これまでどおりテキトーに成り行き任せでいいのではないか、

これが本日の結論でありました(^^♪






[PR]
by amselstillalive | 2017-07-24 18:31 | 写真撮影 | Comments(0)

買わなくてもいいボケパノ用新兵器をゲットしてしまった件(Porst 135mmF1.8)

とくに必要のないレンズをついついまた買ってしまった。

Porst 135mmF1.8です。

Porst135f18


Porstはかって存在したドイツのブランドでおもに日本のOEM製品に自社ブランドを貼ってチェーン店で販売していました。

このレンズはMitake製ともTomioka製ともいわれています。マウントはM42です。口径82㎜で重さは約800gあります。かなりの重さで30分の散歩でも疲れます凹凸

描写は開放からシャープでもちろんボケはとろけるようです。何しろ有効口径が75もありますゆえ。(^^♪

Porst135


このレンズ、おもにボケパノ用に購入しました。それ以外の用は思いつきませんし必要としていません。

まさに余計な買い物なのですが、しかしその描写はさすがで魂消ました。

有効口径が75は、85㎜F1.4の61と比較していかに大きいか思い知らされます。


usual motiv


この焦点距離では9枚というわけに行かず、3x5の15枚を撮影しました。しかしこの枚数では6x6を切りだすのがやっとでした。

パノラマの名に相応しからぬイメージですが、それでもオリジナルショットからみれば随分と視界が大きくなっているのです。

DSC03310
これがピンを合わせた核心ショットですから。

しかしとはいえ、85㎜とはことなる撮影方法が当然あるわけで今はその方法を模索中です。

その過程でどうもICEでの合成がうまくゆかず、フォトショップで合成したら思いもかけずこんな横長のいかにもパノラマ風の画になってしまいました~。


summer evening light 16


ちなみにこれは3x3の9枚合成だったのですが、結果的に上部分の三枚分が消えてしまったのでした。

しかしこれはこれでいいかなあ、と(^^♪

それにしてもこのレンズの描写は超越的素晴らしさです。ピンがきた部分の切れの良さ、ボケた部分のとろける感じ、たまりません🎶

これはどうも冨岡光学製ということでいいのではないか、と思います。

そう思って大事にしよう、っと。

さてもう一枚、5x4= 20pcsを例によって左上から逆S字撮影したものです。これもまたICEが合成を拒否凹凸

summer evening light 15


そこでフォトショップにて合成。飽きるほど待たされる凹凸。

完成後TIFFに落とすとなんと520MBありました~!。それをモノクロ化してさらに6x7サイズにトリミング。

一応ロクナナサイズで完成できれば善哉としましょう。

今後まだまだスキル獲得まで練習が続くでしょうが、しかしこんな描写のレンズなら励みがあるというものです。

冨岡光学製らしく(もう勝手に決めてますが)光の描写が秀逸です。

マイナーなレンズの山に埋もれて名玉があるなあ、と感じ入った次第でありまする。







[PR]
by amselstillalive | 2017-07-08 02:42 | 写真撮影 | Comments(4)

ボケパノ(Bokeh Panorama)セカンドステージは67風の実現

あれやこれやと試してみて、機材、撮影方法及枚数、合成ソフトの三位一体がほぼ完成したので、このテクニックを利用してある程度の作品らしきものを撮ろう、ということがセカンドステージの意味と意義なのです。

そしてそれは以下のイメージが撮れたことから始まりました。

small but lovely thing<


中判銀塩は6x6版しか体験していませんが6x7版のほうがより良いと感じていました。

今、ボケパノという小さなセンサーで中判風イメージを模擬的に実現できるメソッドを得て追求するのはロクナナ、というのも無理なき処でありましょう。

ゆえに、これはよく撮れたと感じた時は6x7にトリミングするのです。

また逆に、撮影時もロクナナ風に撮ろうと試みることも肝心です。

そして好きな作家の作品もイメージします。

early summer 16

これが撮れた時は、敬愛するボケパノの大御所・Steven Hight氏の作品に近づいた~!と自画自賛したのでした。

これまではボケパノ撮影と合成のスキルの習得が第一であり、モチーフやテーマに思い至らず、という具合でありました。

しかしスキルを重ねコツがわかった後は当然これを利用して「作品」を作らなければ意味がありません。

そして以下のイメージを上記Hight氏やもう一人の大御所・Edward Noble氏が主催するFacebookのグループ『Bokeh Panorama』にアップした際に両氏からお褒めの言葉を頂戴した時は実に達成感がありました。

summer evening light 4

tumultuous background
(これのみAi Nikkor 55mmf1.2)


現行の中判デジタルはほとんどが645版(より若干小さい)で6x6や6x7版はまだありません。

また今の中判デジタルでも高価格なのに、もし67センサーが実現できたとしてもその価格は途方もないものになるでしょう。

そしてレンズも巨大になるにちがいありません。

という状況下で中判風のイメージを楽しむことができるボケパノという遊びは極めて有意義なものだと思います。

ボケやパノラマという語感に騙されてはいけません。これはあくまで35㎜版(APS-Cでもm43でもいいのですが)で中判風写真を作りだす遊びです

このことは英米の大御所のどなたも指摘していません。わたしがこう定義するのです。

日本語でこれを表すよい言葉はないか、と今こころのなかで思念をころがす毎日です。

何かよい言葉を思いつかれたらぜひ教えてください♪








[PR]
by amselstillalive | 2017-06-25 18:20 | 写真撮影 | Comments(6)

Summicron-R 50mmの復活

ボケパノ用にととり急ぎ買ってしまったα7だが後悔はない♪

しかしもっぱらボケパノ用だけに使用するのももったいないのでオールドレンズも装着してみるのである。

すでに色々試してみたがやはり中でも一番凄みを感じるのは「標準レンズの王」といわれるSummicron-R50㎜だった。

early summer 5

ピンがきた点のシャープネスとボケとのバランスがまるでボケパノで撮った画のようではないか~!♬

これなら無理や面倒なことをしてまでボケパノ撮影するまでもない、とも感じる。

しかしあれはあれでまあ面白い遊びなんだから、と気を持ち直す。

early summer 4

Zeissは光の描写が得意、Leicaは影の描写に秀でる、がわたしの持論である。

ゆえにこのレンズに期待するのはやはり影の部分なのだ。

上の一枚の影のトーンを見て欲しい。しかもRAW現像ではなくJPEGで撮り出したカラー・イメージをモノクロ変換しただけなのでありますぞ、ご同輩。

色付きといえばこんなのもある。

early summer 14


かなり絞り込んで初夏の森の木漏れ日を撮った。これもやはり光より陰に主張を感じる画作りだ。

Leicaの設計者の嗜好性なのか企業の伝統なのかもしれない。

そして色合いはあくまで渋いのがライカさまなのである。

しかし、影に帰る。

once upon a summer day 3

光と影しかも影の描写となれば当然モノクロである。

斯くの如き光蜥蜴の活動期ともなればモノクロだけで撮りたい。

しかし渋味の色もみたいということでKlar(クリアー)というイメージモードで撮影しておきさらにモノクロ化する。

(ついでに文句をいえば、Sonyは欧州市場向けのカメラには日本語のメニューがない。ゆえにこのモードを日本語で何というのか知らない。これはNEX以来の奇妙なMKTGだ。欧州に住む日本人ユーザーは眼中にない、ということか?あるいは日本人だろうと欧州にいるなら欧州語に適応せよというありがたきご託宣なのだろうか?いずれにせよ不可解で腹立たしい。いちど日本語メニューをダウンロードできないのかと日本国内のサーヴィスセンターに問い合わせたが、できない、とけんもほろろの対応であった。Sonyは日本企業ではないと結論をだすしかなかろう。)

RAW現像は面倒なのでしない。

Fujiの場合はフィルムシュミレーションもRAW現像で転換できるし使用法も簡便なのでもっぱらRAW撮影するのだが、SonyのRAW現像ソフトは使い難い、ゆえにJPEG撮り出しのみである。

JPEGをいじるのは感心しないがこっちはまあFlickrや500pxなどに発表するだけなので気にしないことにしている。

summer evening light 3

ちらっと見ただけではRAW現像なのかJPEGをいじったのか判断はつくまいとタカをくくっているのだ。

だって自分でもわからないもんね。

これまでRAW現像にこだわってきたアホさ加減をしみじみと感じる。

RAW撮影を止めたのはα7のソフトの問題もあるがボケパノ撮影のせいでもある。

RAWどころか24MPをフルに使うことさえ剣呑なのでボケパノでは最小の6MPで撮影する。

これを9枚合わせれば54MP,そのうち50%がオーヴァーラップとして27MPだから、まあそれで善哉、なのである。




[PR]
by amselstillalive | 2017-06-15 20:20 | 機材 | Comments(2)

ソフト変更で"Bokeh Panorama"作成が快適に(^^♪

まず新機材を報告しておきます。

いえなに、α7です、初期型の。

α7IIIがでたら7IIの価格が落ちる、そしたら7II買う、という手順のはずが、どうにも待てなかった、というわけです。

初期型の欠点を承知の上での購入ですからその辺の突込みはご遠慮くださいね(^^♪

初期型なのであまり期待はしていなかった、とくにシャッター位置と感触

でもまあイメージアウトプットには関係なし。また85㎜F1.4もフルフレームでならよりよくボケる、ということでまずはマンゾクマンゾク。

しかしあらたな問題発生~!

それは何かといえば、Phtoshop Elments11のパノラマ合成にこれまで頼ってきたのですが不具合が見つかってしまいました。

early summer


このイメージはα7とサムヤン85㎜とのコラボがうまくいったなとの自画自賛の気分でFacebookのグループ"Bokeh Panorama"に投稿したところ

合成エラーがある、と指摘されてしまいました凹凸

拡大して見るとたしかに指摘通りに前輪のスポークがちょん切れている、杜甫歩

そこで在庫を確認してみるとそういうエラーが結構ある。

一方で、合成にすご~~~~く長~~~~~~い時間がかかるのは悩みの種だった。

"Bokeh Panorama"グループの管理者でありかねがねFlickrにてその作品に注目していたEdward Noble氏からマイクロソフトICEImage Composite Editorを使ってみたら、とのサジェスチョンがあった。

そこで早速試してみたが合成を拒否された凹凸

合成のもととなるイメージのインプットに面倒な約束事があり、それに従わないとリジェクトされてしまうのであります。

オーヴァーラップを充分にとること、撮影が時計回りのなめ型ではだめで、左上隅から右へ逆S字に連続撮影するか、あるいはジグザグ撮影するか

当然撮影枚数も合計9枚では不足で、一段6枚の三段合計18枚くらい最低ないと駄目。

しかたがないのでそのように撮影しましたよ、何だかくやしいけど

BP1


この場合、カメラ縦位置撮影で一段6枚の三段合計18枚使用、オーヴァーラップも70%あり合格

で、めでたく合成受付!

いやあこれが簡単快適でちゃっちゃっと合成完了、Phtoshop Elments11の鈍さは何だったのか、という正直な感想、なのであります。

ということでこれからは合成ソフトはICE使用ということになりそうです。










[PR]
by amselstillalive | 2017-05-12 18:25 | 写真撮影 | Comments(3)