アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

タグ:FUJIFILM X-E1 ( 10 ) タグの人気記事

Zeiss Touit Planar 1.8/32 T*はむしろX-Trans初期型との親和性があるという件

X-T2につけっぱなしのZeiss Touit Planar 1.8/32 T*だったが

X-E1に着け代えてみた。

ちなみにこのレンズ付属のフードは長すぎるという感想ももつユーザーが多いが

Otus系のデザインに固執しすぎなのではないだろうか?(その点、Loxiaのデザインは好ましい)

つまり装着した見栄えはレンズフードのせいであまり善哉とはいえぬ凹凸

それはともかく撮影結果はどうかといえば・・・


early spring light


X-Trans初期型センサーの長所がよりよく発揮されたような気がする。

技術的にどうなっているか知らないのであくまで「気がする」という感想をもったに過ぎない。

初期型センサーの長所とは何だろうか?

線の細い十分な高精細さと柔らかい描写である。


early spring light 2


これが二代目となると線の細さが失われ、シャープネスが強くなり細部が潰れるようになってしまった。

いわゆる「塗り絵」とか「油絵」的な描写といわれている。

これはX20に顕著であり、購入後すぐに嫌気がさしまもなく手放した。(ちなみにX-T10も同じ理由で去って行った凹凸)

代わりに購入したX-M1は初期型最終モデルであったゆえ

初期型長所がもっとよく発揮されている。


walking with white dog


X-E1においてもその初期型センサーが味わえるのが嬉しい。

Touit Planar 1.8/32の精密描写がX-Trans初期型センサーのありがたみを深めてくれたようだ。

X-T2の三代目センサーはピクセルが50%増加したため精細感も増したが

二代目の細部のつぶれはまだあるようだ。

これはシャープネスを-1あるいは-2に調整することで少し免れる。


early spring light 4


それとは逆に初期型ではコントラストがやや不足のような気がする。

これもまた技術的検証ができないので、あくまで気がするという感想にとどまる。

これは三代目センサーを搭載したX-T2のフィルムシュミレーションACROSをスタンダードに見た場合である。

ACROSに慣れる前は初期型のコントラストでちょうどいいと感じていたのに

ACROS後は見方が変化してしまった。

ゆえにX-E1で撮影する場合シャドートーンを+1にすることにしたのである。





[PR]
by amselstillalive | 2017-02-25 22:07 | 機材 | Comments(4)

Sigma製作の短編映画『blur』について

昨日たまたまSigma製作の短編映画『blur』にめぐりあって激しく感動した。

そこでFacebookでシェアしたが、たったおひとりだけが「いいね」をしてくれただけだった。

わたしの感覚はよほど皆さんとは乖離しているようだ。

シェアにさいして以下のようなコメントを書き加えた。

写真撮影の意味の根源に迫る傑作!
たった15分の短編だが、父と子・家族、生と死をめぐるものとしては
小津の『東京物語』にゆうに匹敵する大作であろう♪
自身が冴えない写真好きの父親としては泣けて仕方がなかった凹凸
Sigma,GJ!!


というのだが、このコメントが余計だったのかもしれない凹凸

その短編をご覧いただきたい。



いかがだろうか?

タグづけするなら

#写真撮影の意味

#『東京物語』

となろう。

さらにいくつかの理屈を並べたてる必要もなかろう。

これがご理解いただけたのであればあなたはわたしのパートナーであります♪



さて、これだけではなんなので自作を一枚貼っておきます。

at the café 't Hooischip, Amsterdam

アムステルダムの

café 't Hooischip

という名のカフェバーで撮影した。

この日は例の日帰りアムステルダム行の終盤で

けっこう歩き疲れてそろそろ中央駅へ行こうと

ここを通りかかったら別行動中の家内に呼び止められ

この日最後のビールを味わった

その幸福感に満ちたひとときに撮った数枚のうちの一枚だった。

冴えない写真好きの記録である。






[PR]
by amselstillalive | 2016-11-10 18:20 | 写真撮影 | Comments(9)

オランダ王室の故郷を訪ねて

家内の実家への帰郷はオートバーンA3号線を使用するのだが

途中、「Schloss Oranienstein」の観光案内板がいつも気になっていた。

というのも、それはオランダ王室であるオラニエ=ナッサウ家の故城のひとつだからだ。

そうである、知っている人はとっくに知っていようがオランダ王室はドイツ出身なのである。

そこで時間のあった今回の帰郷の帰路より道してみたのである。

しかし当日は休館であった凹凸。

そこはドイツ連邦軍の駐屯地でありお城はその中にあるのだった。

そこでお膝元の街であるDiezで昼食を摂ることにした。

Diez, Germany


なにやらありふれたドイツの街、という風情だが

街の立地がやや特別で

背後に小高い丘を擁し

その上に要塞が如き建物が見える

Diez, Germany


当然そこへ至らざる可からず。

しかしその前に腹ごしらえだ。

貧弱にみえる広場に一件だけレストランのようなものが

看板には「Small Prag」の文字が・・・

「小さなプラハ」とはチェッコ料理の店か?珍しいものだ

中はこじんまりとしてまだ見ぬプラハのビストロを思わせる風情

Radeberger Pils


ピルゼン・ビールはなかったが、ドイツではそれに最も近い味をもつといわれる「Radeberger Pils」を注文する。

コクのある味わいのピルツである♪

料理はグラッシュをたのんだ。

本場はハンガリーだが、まあドイツよりチェコのほうが近いので期待する。

OLEG2258


クヌーデルがまるでシナのマントウ(蒸しパン=饅頭と書くが餡なし)によく似た風味である。

牛肉はよく煮こんであり筋の部分がとろりと舌に融けるのが嬉しい♪

味付けはハンガリー風のパプリカ味ではないが、しかし美味であった。

オランダ王室の故郷を訪ねたのに東欧にであってしまったわけだ。

さて、カロリー補給ができたので丘にのぼる。

それはGrafenschloss Diezといって中世期に建てられたものらしい。

Grafとは伯爵であるから貴族のお城というわけだが、実はもっと古く790年にはフランク王国軍の駐屯地だったいう。

このあたり一帯はプファルツとヘッセンの境界でありライン川にも近い軍事的要衝ということなのだろう。

それで現在でもドイツ連邦軍の駐屯地があるのも歴史的背景と理由があるのだった。

OLEG2266


城はユースホステルやら博物館やらになっているが、この塔の上は結婚式場になっていた。

塔の麓からは市内が一望できる。

城のすぐ下はライン川の支流であるLahn川である。

OLEG2270


秋の装いが美しい。

やはりドイツは田舎が善哉、なのである♪

お城の上にはビストロもあったが

営業は夕方からということで人の姿はなく

晩秋の弱い日差しが影を作っているだけだった。

solitude


おそらく夏場のシーズンはオランダの臣民たちが王室の故郷を訪ねてこの地にやってくるものと思われるが

今はただ名曲「荒城の月」が相応しいかと思われる

枯れた季節の風が吹き抜ける古城の秋であった。






[PR]
by amselstillalive | 2016-11-06 22:42 | ドイツ | Comments(4)

アムステルダム、自転車、モノクローム、ボケ、光蜥蜴

わたしの最も好きなモチーフは

自転車、ボケ、光蜥蜴

をベストスリーとするが、

これがアムステルダムにおいては百花繚乱なのである。

更新の遅い幣ブログゆえ多くのイメージが未載録になった。

ここでこれらを一気に掲載することにします♪

Bike at canal in Amsterdam 37


Bike at canal in Amsterdam 38

Bike at canal in Amsterdam 39

Bike at canal in Amsterdam 42


Bike at canal in Amsterdam 43

Bike at canal in Amsterdam 44

sunset light on Amsterdam

Bike at canal in Amsterdam 46

Bike at canal in Amsterdam 47


Bike at canal in Amsterdam 48


Bike at canal in Amsterdam 49


autumn light on Amsterdam 6


Bike at canal in Amsterdam 50


Bike at canal in Amsterdam 52


ほとんど中毒症状が見られる

或は、淫するほどの情熱ぶりが見ていて恥ずかしいが

これがわたし自身の意識状態あるいは「まなざし」の在処なのだ♪

まだまだ在庫はあるのだが

本日はこれにて

残りはまたあとでね♪







[PR]
by amselstillalive | 2016-11-02 19:13 | Amsterdam | Comments(6)

バルバロッサ直属の中世都市

フランクフルトから東へ向かうアウトバーンA66号線で約一時間、


縁あってちょっとこの街に立ち寄った。

あたりは低い山並みが続く土地で、街はその山に沿って比較的長く造られている。


at Gelnhausen, Germany


ドイツの木組み建築「Fachwerkhaus」はわが国の旅行者に好まれているが、

この街はそれをよく保存しているのでわりと有名なのだ。


OLEG1357


神聖ローマ帝国はローマを名乗ってはいるがドイツ帝国なのはご存知だろう。

詳しい説明は省くが、その帝国は皇帝が統治したが中には「帝国自由都市」と呼ばれた皇帝直属の都市があった。

皇帝の中ではフリードリッヒ一世は「バルバロッサ=Barbarossa=赤髭」として知られている。

ゲルンハウゼンは、その赤髭の帝国都市だった。

帝国都市というと威風堂々としているが其の実人口2万人ほどの街に過ぎない。

OLEG1366


中央広場もわりと高台にある。

普段は日を決めて市場が立つのだろうが訪れたその日は広場は駐車場になっていた。

OLEG1369


広場に面して市庁舎と↑

教会がある↓ のは定石どおりである。


OLEG1368


このイタリア風のザンクト・ペーター教会はカソリックで、宗教改革後は廃され工場に転用されていたが後に復活したそうだ。

エヴァンゲーリッシュ(福音)派の教会は中心を少し離れた東側にあり、これよりずっと立派である。

バルバロッサはイタリア統治に意欲を燃やし、息子のハインリッヒ六世はシチリア王になってずっとイタリアにいついたため


at Gelnhausen, Germany



その息子でバルバロッサの孫になるフリードリッヒ2世はシチリアに生まれ生涯南イタリアで反皇帝派との戦争にあけくれた。

それでも南イタリアではフェデリコの愛称で親しまれている。

アラブ語を含む数か国語を話す学問と芸術を好む開明君主であったからだ。

以上は余談だがバルバロッサというイタリア語の渾名をもつ皇帝らしくこの街にもイタリアの風が吹き込んでいるようだ。


at Gelnhausen, Germany


この坂を下って少しいった郊外にバルバロッサの宮殿跡がある。

車で通りすぎただけだったので写真はない。

たった半日だけの訪問だったがよい印象を残した街だった。

たぶんもう立ち寄ることもないこの街と市民に

幸多かれと祈る。








[PR]
by amselstillalive | 2016-10-27 21:34 | ドイツ | Comments(2)

アムステルダムの回億と来年の展望

前回のアムステルダム日帰り行からすでに一月が経ってしまった。

また前回のブログ更新から一旬過ぎた。

わたしはいったい何をしているのだろう(苦笑)

autumn light on Amsterdam 5


一月前は20℃もしていた気温も今や10℃に達する日は少ない。

暖房もとっくに入れている。

今日は霜が降りて黄葉や紅葉も一気に進んだ感じがする。

いわゆる「黄金の十月」らしくなってきた。

Bike at canal in Amsterdam 50


その十月もあと一週間だ。

その先には例年どおりであればもう冬だ。

というのも十月の最終終末に夏時間が終了し冬時間にもどるからだ。

これからは夏の思い出で気持ちを温める日々が待っている。

autumn light 10


そのための仕入れは今年についていえばもっぱらアムステルダムで行った、という結果になったようだ。

あとは3月末のヴァレンシアがある。

とするとかなり燃料は準備補給されたのである♪

また今年はD610の出番がどんどん減ったのは

X-T10さらにはX-E1のパフォーマンスが想像以上によかったからだ。

autumn light on Amsterdam 8


ボケ具合ではやはり35㎜フルフレームに及ばぬが

目に心地よいフジフィルム・センサーのトーンの出方には大いに惚れ込んでしまった。

この機材と好きなトポスで気ままに撮影ができたことに

家族とそして何者か偉大なる存在に感謝をささげたい。


autumn light on Amsterdam 8(Walter Süskindbrug)


来年もまた斯くの如き収穫の多い一年であれかし

と、まだ早いが(苦笑)願う。

すっかりお世話になったフジフィルムの機材については

来年はさらに一歩の進展があるものと考えている。

つまり、あれかこれかの選択に迷ってはいるが

ハイエンドの導入があればいいな、と思っています♪






[PR]
by amselstillalive | 2016-10-24 02:59 | Amsterdam | Comments(6)

アムステルダム慕情

XF35㎜F2R WRの発色について述べる前に、アムステルダムについての感慨をここでまたひとつ。

以前「Amsterdamに惹かれる理由」でこころみたものの

納得行く説明ができなかった。

それもむべなるかな、いったい人や物事に対する感情を言葉で

つまりは意識で完全に捉え説明すること元来不可能なことであろう。

the city on water


中央駅をでてこの光景を眺めるたびに無意識はこの街にとどまる幾多の人々の集合無意識へとアクセスする。

前にも述べたが水は霊気や聖霊をたたえる効能があるというゆえ

水の上に浮かぶがごときこの古都にはそれこそ無数のスピリットがとどまり

来ては去って行く人々の霊感にたゆまなくあるメッセージを送ってくる。

Bike at canal in Amsterdam 40

いっぽうフィジカルな世界においては光が水に反射して運河のほとりは明るい。

ほぼ全土が低地を干拓して排水のための運河を張り巡らせたオランダ全域にいえることだが

これは北ヨーロッパにおいては精神世界にあたえる貴重な資源である。

エラスムスやデカルトなどの明晰な思索は低地地方の光のお蔭かも知れない。

autumn light on Amsterdam 3

背景のボーッと明るくなっているあたりが運河である。

陰鬱な石の建物が続きセーヌ川沿いだけが明るいパリとはちがうこの雰囲気こそ

オランダ人の開けた精神を育む風土なのだろう。

アムステルダム大学もこうした運河の水と光に囲まれて

若き人々をして自由と開放された空気を味あわせているようだ。

autumn light on Amsterdam
(背景つきあたりが大学である)

初めての来訪以来、わたしの奥深いところをつかまえてはなさない

この都市の魅力の核心はこの雰囲気そのものなのである。

まさに曖昧な説明にもならぬ説明ではあるが

そうとしか言いようがない。

ここを訪れ何も感じなければそれまでのこと

感じる人は感じる、とはトポスだけの話ではなく事物と人

すなわちこの世界そのものの成り立ちに由来する真実であるだろう。

autumn light on Amsterdam 2

世界のなかにこの都市があり、わたしがいる。

そしてこの都市にいる時わたしが何か特別な情感とそれ以上の何物かを体感する

それ自体で事態はすべて完結しており

元来それを何か別の言葉で置き換える必要はない。

わたしはこのことを誰か他の人に理解していただく要がないからだ。

それでももしこれを読んだあなたがすでにこの街を訪れ

わたし同様な「感じ」を受け取っておられるなら

すなわち共鳴してくださるであろう。

それだけのことなのであった。






[PR]
by amselstillalive | 2016-10-09 19:11 | Amsterdam | Comments(4)

カリカリとゆるゆるのアムステルダム

今回はX-T10とX-E1の二台をぶら下げてのアムステルダム日帰りだったが

帰宅してPCの画面で見るとこの二機種の描写が斯くの如き異なることにあらためて驚いた。

いわば、カリカリとゆるゆるのアムステルダム、切り取る機材で随分と違う世界のようだ。

Bike at canal in Amsterdam 32
(X-E1+XF35mmF1.4R)


自転車の後輪マッドガードにピンを合わせたが、かなりのゆる~い雰囲気になった♪

開放絞りF1.4でシャッター速度は1/4000sでやや白とびだったがRAW現像で調整した。

一方カリカリ系はどうかというと

Bike at canal in Amsterdam 36
(X-T10+XF27mmF2.8)

シャドートーンを-2、シャープネスを-1で撮影したにも関わらず

かなりのハイコンでシャープネスが効いた出来だったので

これもRAW現像で調整してソフトな仕上げにしたのだが、X-E1と比するとデジタル臭い。

やはりゆるゆるが善哉♪

以下はかなりのゆるい描写なので自分でも魂消た~

Bike at canal in Amsterdam 33
(X-E1+XF35mmF1.4R)


後輪のタイヤ表面上にピンが来て、あとは全体がボケている。

APS-Cセンサーとは思えないボケ表現だ。

これも開放絞りF1.4でシャッター速度は1/4000s、白とびだったものをRAW現像で調整した。

これだけボケればフルフレームでなくてもいいな、と思わせる。

これもF2.8まで絞っていれば白とびもしないかわりにボケもしなかったろう。

XF27㎜パンケーキは開放F2.8なのであまりボケないのは道理だが

うっすらとくらいはボケもする。

Bike at canal in Amsterdam 31
(X-T10+XF27mmF2.8)


スナップならばこのレンズの方がボケ過ぎずに好ましい。

40㎜相当のやや広角幅も実に使いやすい。

50㎜相当であれば左上隅の人物はフレームインできなかったろう。

これもカリカリにならないよう調整したが

高精細な描写とハイコン性能はパンケーキと侮れない優秀なレンズである。

要は使い分けということだろうか?

最後に先月の拾遺だがカリカリの例として以下を

Bike at canal in Amsterdam 34


これはXF27㎜ではなくXF35㎜なのだが

F3.6まで絞った結果、斯くの如き描写となった。

これはX-T10のセンサーのせいもあるのだろうか?

X-E1をゲットしてみてX-T10の精細描写がよくわかったのである。







[PR]
by amselstillalive | 2016-09-28 05:05 | Amsterdam | Comments(6)

アムステルダムへ日帰り旅行の成果

先月の二泊三日に続いて昨日はアムステルダムへ日帰り旅行を敢行した。

日帰りは20年ほど前に団体でバスを貸し切って以来であった。

ICEで片道2時間、9時半に出発して11時半到着

帰路は6時半出発ゆえ7時間の滞在である。

もう何度も訪れたなじみの土地ゆえ観光的に見るべきものは見たし特に新奇なものもない。

ゆえに7時間の撮影時間でもう充分なのだ。

Bike at canal in Amsterdam 28
(X-T10+XF27㎜F2.8)

大体のところ撮るモチーフは運河に自転車と決まっているのである(苦笑)

ゆえに都市の細かいデティールをなぞる。

先月の二泊三日よりはきつかったものの、やはり土地柄が自分によくあったと感じる都市ゆえ気分がよかった。

天気も14℃前後という予報であったが、どっこい20℃近くになって温かい一日だった。

カメラはX-E1にXF35をX-T10にXF27を装着した二台体制。しかしちっとも苦にならないのは二台でD610一台分の重量しかないからだ♪。

Bike at canal in Amsterdam 27
(X-E1+XF35㎜F1.4R)

レンズ交換の煩わしさを避けるための二台体制だったが

帰宅後PCでチェックしたさいに以上の組み合わせは逆にしておけばよかったと後悔した。

X-E1はメカニカルシャッター最高速度1/4000Sのためf1.4絞り開放では白とびしていたのである。

(X-T10でもメカニカルシャッター最高速度1/4000Sだが自動でレンズシャッター1/32000Sに切り替え可能)

これがカメラのモニターではちょっと明るすぎるかな、という程度で

それほどの白とびには見えなかった。

たしかに撮影中、カメラのEVF内のシャッター速度標示が4000で紅くなって警告はしていたのである。

がしかしX-T10に慣れていたので軽く無視してしまったのだった凹凸

しかし幸いにもRAW同時記録であったから救えたものもあった。

このあたりヴァレンシアの教訓が生きている(苦笑)

at a café in Amsterdam
(X-E1+XF35㎜F1.4R)

上のイメージは路面電車の中から撮った。

ゆえにカッフェの客もカメラに注目していない。

場所はレンブラント広場であるが、光蜥蜴が活躍する天気の良さが感じてもらえるだろう。

スナップ的状況であるからISOを上げF4に絞っている。

X-E1のトーンの素晴らしさと精密な描写にうっとり

と撮影者は自画自賛するのであった♪


以下のイメージは一日のしめとして土地のビールを味わったカッフェからの光景。

今度はカッフェから路上の人々をねらう。

at the café 't Hooischip, Amsterdam
(X-E1+XF35㎜F1.4R)

なんだか無性にまた行きたくなってきた♪

わたしはなんでこんなにもアムステルダムが好きなのだろう?

前世の因縁でもあるのだろうか?

いずれにせよこの欧州でも指折りに美しい古都へ

わずか二時間のアクセス(電車または車)で到達できる環境に暮らしていることを

偉大なる誰かに感謝している。








[PR]
by amselstillalive | 2016-09-25 04:59 | Amsterdam | Comments(2)

今更ながらFujifilm X-E1をゲットしてみた♪

X-T10の描写ですが、どうも今一すっきりと腑に落ちません。

X-M1の方が自分の好みような気がします。

そこでX-M1と同じX-Trans CMOS初代センサー搭載のX-E1をゲットしてみました。

もう4年前のモデルですから中古相場ではかなりの安値でした。

my chair

早速、XF35㎜F1.4Rを装着してテストしてみました。

案の定、軟調で諧調もよく気に入りました。やはりX-Trans CMOSは一代目のほうが善哉のようです。


二代目センサー搭載機で最初に使用したのはX20でした。

その時もなんか違うなあ、という気持ちが払しょくできず手放しました。

どこに違和感があるのかといえば

やはり諧調でしょうか?

そして細部描写。

on the way to read


これは普通のモノクロで、シャドウ、ハイライトトーン、ノイズリダクション、シャープネスなどすべてデフォルト「0」設定です。

わたしがFuji Xに期待するのはこんな諧調と滑らかな細部なのです。

しかしX-Trans CMOSIIにはこれが欠けているような気がします。

より高精細が売りですが、なにデフォルトでシャープネスを高めに設定しているのではないでしょうか?

ゆえに拡大表示では細部が潰れて見えます。

siesta

そこで最近では、X-T10での設定をシャドウトーン-2、NRも-2、シャープネス-1で撮影しますが

それでもX-E1の滑らかさがでてきません。

やはりX-Trans CMOS二代目には改悪があったのでしょうか?

とするならX-E2もきっとだめだろうと思います。

fruits waiting for birds


こんな軟調な画は嫌いだ、というユーザーが多く

メーカーも商売ですから市場の動静に流されて当初のポリシーを忘れたのでしょうか?

あるいはわたしの撮影技術が未熟故に

二代目センサーで好みの描写が引き出せないのでしょうか?

しかしX-E1がわたしの悩みを軽く解決してくれました♪

complicated feeling


問題は三代目がどうなのかですが、X-Pro2は買う気になれずX-T2を狙っていますが未だ品薄状態で入手困難です。

年末には出回るでしょう。

X-T2の描写性能はむろん期待できそうです。

X-Trans CMOSIIIの24MPはフルフレームの36MP並みの高精細だそうで

D810より優れた画質だという評価も聞こえてきます。





昨日フォトキナで中判ミラーレス GFX50Sが発表されました。

まさにGamechanger、試合の流れを一変させる大胆な製品です。

このような製品を開発できるFujifilmを尊敬します。

そんな企業が開発したX-Trans CMOSセンサー三代目

その描写傾向が初代とは違う魅力があるのかどうかも気になります。

高画素は精細感以外にも諧調表現においても有利なはずです。

憶測するに初代と二代目間は特別な技術の発展はなく小手先のいじりで市場の要求に迎合した

というと身も蓋もないいい方ですが、実際のところは当たるとも遠からずではないかと思っています。

しかし三代目においてはかなりのテクノロジージャンプがあったのではないか

と期待しているのです。

それが自ら確認できるまではX-T10よりこのX-E1を重用することになりそうです♪








[PR]
by amselstillalive | 2016-09-21 22:20 | 機材 | Comments(6)