アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

タグ:Amsterdam ( 13 ) タグの人気記事

ボケ、Distagon 2/35 ZEの場合

さてDistagon 2/35 ZEのボケ具合ですが、あまりボケない、これが結論ですが、それじゃあ話が終了してしまう。

開放値F2というレンズながらいかにボケさせる、これがテーマであります。

まずは寄る、これが基本でしょうか?


bike at water in Amsterdam


こうすると背景がボケる、それほど激しくボケるわけではないが、ボケた感じはする🎶

しかも主要モチーフ(つまりピンを合わせた対象)周辺の事情が写りこむところが35㎜らしい。

同じモチーフを別の角度から
bike at water in Amsterdam 6


結局は寄ると背景がボケるわけだが、しかしやはりボケが不足しているのは否めない。

ただどのあたりまでその不足が許容できるかだが、ボケだけが写真撮影の醍醐味ではない、と問題から逃避することもできる。

しかもこの逃避は、もっと大口径の重くて値の張るレンズをゲットしようというロジカルだが危ない欲望を抑圧するという効用もある♪


bike at water in Amsterdam 3


その深層心理学的作用もあってかF2開放のボケは非常に微妙なのであります凹凸

そして510gというけっこう重いレンズを持ち歩いて得た撮影結果なので

そういう心理的損得勘定も働いて、よいボケである、と自己欺瞞さえ表出することにもなる。

ああ、ということでどうも素直になれないF2開放値なのであります。

率直に言えば、ボケを追求すならこのレンズでは駄目よ、ということになってこのエントリー開頭に回帰してしまうのです。


in front of the café


心理的といえばモチーフにより意識の指向性がボケ具合にも影響するかもしれないという仮説が有効かもしれないという一例が上の一枚であります。

この場合は前ボケ後ろボケを強調したかったわけではとくになく、ただひたすらピンをあわせた対象に意識が集中したためレンズがその心理を読み取ってくれたのだろうか?

レンズの被写界深度と撮影者の心理状況という興味深いテーマがここにあるようです。♪

それでもやはり背景が判別がつく程度に写っているわけでボケはまあまあという程度にとどまっている。


Dyane 6


とはいえ、重高大の大口径ズームを持ち歩いて(もってないけど)F2.8の開放値しか得られないという悲惨な状況よりはなんぼかまし、

と、どうもネガティヴな設問をわざとして、いやそれよりは、というせこい言い訳をするようでまことに忸怩たる思いを味わうはめになるのだが、

それでもいいレンズなことは間違いない。

ボケとシャープネスとのバランスと、さらにいえば例の切ない感じを切り取るというか、撮影者の情緒を受けとめるセンシティヴさというか

実に人間的な描写性能をもつ秀でたレンズであることは何度強調しても充分ということはない(^^♪

腐っても(別に腐ってはいないが)ツアイス・レンズなのであります。

memory of you Amsterdam


という結論に至りました。

最期の二枚はモノクロに色を付けました。シトロエンDyane6の場合は懐古調を強調したいためにセピアにしましたが、その次は緑の色をつけました。

これは、以前、通いのラボで教わった、モノクロに色をつける手法で、こうすると中間トーンが綺麗に見える、という一種の目くらましなのであります(^^♪

ボケが強調されるというフェイクにもなっているようでもあります。♬🎶






[PR]
by amselstillalive | 2017-07-21 17:23 | Amsterdam | Comments(0)

今年二度目のアムステルダム行、Distagon 2/35 ZEとともに

早くも今年二度目のアムステルダムであります。

今回はアムステル河畔のホテルがとれたので行動が楽でありました。

しかし、もっていった機材が重かった凹凸

Sony α7(416g)+Sigma MC-11(125g)+Zeiss Distagon 2/35 ZE(510g) =1051g

ということで1Kgを超えてしまったのでした。

bikers in Amsterdam


それでも新たに中古で入手したレンズを試したくて敢えて持ち出しのですが、描写性能には満足する結果でした。

またα7のEVF内でのピント拡大機能の優秀さに加えて、レンズのMFのしやすさとピンの合い方の良さもあいまって使いやすい組み合わせでした。

これが実現できたのはシグマMC-11のお蔭です。

もともとα7に用いるAFレンズがなくCanonの50㎜f1.8を使用しようとして購入したMC-11ですが、しかしAFは起動するものの前後に動くだけで合焦することはまれでとても実用に耐えるものではありませんでした。

bike at water in Amsterdam 2


でも絞りはカメラ側で動かせる、このことからレンズに絞りリングがなくカメラ側でしか絞れないZEシリーズが使えることに思いあたり、かねてから気になっていたDistagon 2/35 ZEをゲットしてしまったのです。

かってはY/Cの35㎜f2.8のDistagonは使用していたのですがf2はCosina製しか存在しません。

また一眼レフ用レンズがMilvusにグレードアップされた後も35㎜f2は継続されたものの、Classicとして残されたかってのシリーズからはディスコンになってしまい、中古で買うしかなくなったDistagonであります。(無論新品Milvusを買える資金力無し凹凸)

35㎜ということでイメージはなんだかドキュメント風になってしまうのですが、f2を駆使すればボケも得られる、というあたりに期待していました。

at a corner of Amsterdam

結果的にはボケよりもドキュメンタリー写真、スナップが主なものになってしまったのであります。

これまでは50㎜を好んで使ってはいたものの、すでに書いたこともあるように、84年に最初の一眼レフとしてNikon FG-20を購入した際にキットレンズとしてAi Nikkor 35mm f2.8Sがついてきたものをその後22年間それだけを使い続けてきたわたしめゆえ、なんだか懐かしい気分にもなったのでした。

それにつけてもこのレンズの性能は素晴らしく、実にシャープでピン合わせも楽、そして写し取る画像にはなんだか切ない気分が写るという凄みのあるレンズなのであります。

twilight in Amsterdam


それにひきかえα7の現象を受け止める画像処理がイマイチでこれを自分が気に入るイメージに調整するのがホネでありました。

素性は良い24MPセンサーでかって使用していたNikon D610と同じもののはずが、どうもRAW現像がしにくい、このあたりおそらく後継機でもあまり変化がない部分と思われ、ソニーのカメラメーカーとしての弱点があるのかもしれない。

RAW現像もJPEG撮り出しもすべてがイメージ通りの撮影と画像処理をしてくれるFuji Xシリーズが貴重に思われ、反面教師的な役をα7が果たしてくれたのでした。

また機材の軽量化においてもFuji Xシリーズとくにレンズ群が優位に立つわけで次回の旅行にはまたX-T2をもって行こうと考えています。

way to work in Amsterdam

α7はもともとボケパノ用にゲットしたものゆえ関係がないのですが、さてDistagon 2/35 ZEは今後いかに使用すべきか悩ましい事態となりました。

Fuji X用のアダプターにはAF用のものがまだなく絞りはすべて開放のみということになり使い難いでしょう。

あるいはEOSの安モノを購入することになるのかどうか、とするとまたカメラが増えそうな・・・・凹凸

それはともかく、次回はこのレンズのボケ具合を検証してみることにします。






[PR]
by amselstillalive | 2017-07-14 17:39 | Amsterdam | Comments(0)

アムステルダム、夏の黄昏

夏の黄昏といっても欧州北部のそれが始まるのはまあ10時頃だろうか

しかもかなりロンドンに寄った位置にあるアムステルダムは

ベルリン時間よりおよそ1時間は遅い。

summer evening in Amsterdam


夏の時間はゆっくり進み、午後6時といっても暮れるには早すぎる。

しかしすでに仕事をひけた人々なのか運河に船を出して遊んでいる光景が多く目に入る。

これは運河が四通八達した都会ならではの生活である。

冬時間であればまだ5時なのでまだまだ陽は高く

仰角45度ほどの天空にあり地を照らす。

しかし8時ともなるとそれもぐっと傾き

夕方らしく空が赤らんできた。


summer evening in Amsterdam 2


建物の陰はそろそろ暗さが勝っても来るのである。

このころからヨタカたちも三々五々盛り場にいできたる。

こっちはもうそんな人生の時はとっくにやりすぎてしまったことゆえ

こころがざわつくこともない。

ただ時がゆっくりと移ってゆくのを呆然と眺めるのである。

そんな者にとって市中心部を流れるアムステル川のほとりがいちばん似合うようだ。

エルミタージュ博物館アムステルダム別館に夕日が照って美しい。


summer evening in Amsterdam 3


この後景を眺めていたこちら岸を

あっちへ移って振り返るよう眺めれば

こんな光景なのであった。
summer evening in Amsterdam 4


夏にしては早めの夕食もすでにとってしまったので

後はお好みのカッフェーに陣取って

黄昏が宵闇に移り変わってゆく様を

見つめて時をやり過ごすばかりだ。

人生のうちにこんなひと時をもつことこそが

さて結局は生きる醍醐味ではないか

と齢を重ねるままに考えるようになってきた。

わたしの人生の黄昏もようよう近い。







[PR]
by amselstillalive | 2016-11-12 07:49 | Amsterdam | Comments(2)

アムステルダムの回億と来年の展望

前回のアムステルダム日帰り行からすでに一月が経ってしまった。

また前回のブログ更新から一旬過ぎた。

わたしはいったい何をしているのだろう(苦笑)

autumn light on Amsterdam 5


一月前は20℃もしていた気温も今や10℃に達する日は少ない。

暖房もとっくに入れている。

今日は霜が降りて黄葉や紅葉も一気に進んだ感じがする。

いわゆる「黄金の十月」らしくなってきた。

Bike at canal in Amsterdam 50


その十月もあと一週間だ。

その先には例年どおりであればもう冬だ。

というのも十月の最終終末に夏時間が終了し冬時間にもどるからだ。

これからは夏の思い出で気持ちを温める日々が待っている。

autumn light 10


そのための仕入れは今年についていえばもっぱらアムステルダムで行った、という結果になったようだ。

あとは3月末のヴァレンシアがある。

とするとかなり燃料は準備補給されたのである♪

また今年はD610の出番がどんどん減ったのは

X-T10さらにはX-E1のパフォーマンスが想像以上によかったからだ。

autumn light on Amsterdam 8


ボケ具合ではやはり35㎜フルフレームに及ばぬが

目に心地よいフジフィルム・センサーのトーンの出方には大いに惚れ込んでしまった。

この機材と好きなトポスで気ままに撮影ができたことに

家族とそして何者か偉大なる存在に感謝をささげたい。


autumn light on Amsterdam 8(Walter Süskindbrug)


来年もまた斯くの如き収穫の多い一年であれかし

と、まだ早いが(苦笑)願う。

すっかりお世話になったフジフィルムの機材については

来年はさらに一歩の進展があるものと考えている。

つまり、あれかこれかの選択に迷ってはいるが

ハイエンドの導入があればいいな、と思っています♪






[PR]
by amselstillalive | 2016-10-24 02:59 | Amsterdam | Comments(6)

アムステルダム慕情

XF35㎜F2R WRの発色について述べる前に、アムステルダムについての感慨をここでまたひとつ。

以前「Amsterdamに惹かれる理由」でこころみたものの

納得行く説明ができなかった。

それもむべなるかな、いったい人や物事に対する感情を言葉で

つまりは意識で完全に捉え説明すること元来不可能なことであろう。

the city on water


中央駅をでてこの光景を眺めるたびに無意識はこの街にとどまる幾多の人々の集合無意識へとアクセスする。

前にも述べたが水は霊気や聖霊をたたえる効能があるというゆえ

水の上に浮かぶがごときこの古都にはそれこそ無数のスピリットがとどまり

来ては去って行く人々の霊感にたゆまなくあるメッセージを送ってくる。

Bike at canal in Amsterdam 40

いっぽうフィジカルな世界においては光が水に反射して運河のほとりは明るい。

ほぼ全土が低地を干拓して排水のための運河を張り巡らせたオランダ全域にいえることだが

これは北ヨーロッパにおいては精神世界にあたえる貴重な資源である。

エラスムスやデカルトなどの明晰な思索は低地地方の光のお蔭かも知れない。

autumn light on Amsterdam 3

背景のボーッと明るくなっているあたりが運河である。

陰鬱な石の建物が続きセーヌ川沿いだけが明るいパリとはちがうこの雰囲気こそ

オランダ人の開けた精神を育む風土なのだろう。

アムステルダム大学もこうした運河の水と光に囲まれて

若き人々をして自由と開放された空気を味あわせているようだ。

autumn light on Amsterdam
(背景つきあたりが大学である)

初めての来訪以来、わたしの奥深いところをつかまえてはなさない

この都市の魅力の核心はこの雰囲気そのものなのである。

まさに曖昧な説明にもならぬ説明ではあるが

そうとしか言いようがない。

ここを訪れ何も感じなければそれまでのこと

感じる人は感じる、とはトポスだけの話ではなく事物と人

すなわちこの世界そのものの成り立ちに由来する真実であるだろう。

autumn light on Amsterdam 2

世界のなかにこの都市があり、わたしがいる。

そしてこの都市にいる時わたしが何か特別な情感とそれ以上の何物かを体感する

それ自体で事態はすべて完結しており

元来それを何か別の言葉で置き換える必要はない。

わたしはこのことを誰か他の人に理解していただく要がないからだ。

それでももしこれを読んだあなたがすでにこの街を訪れ

わたし同様な「感じ」を受け取っておられるなら

すなわち共鳴してくださるであろう。

それだけのことなのであった。






[PR]
by amselstillalive | 2016-10-09 19:11 | Amsterdam | Comments(4)

カリカリとゆるゆるのアムステルダム

今回はX-T10とX-E1の二台をぶら下げてのアムステルダム日帰りだったが

帰宅してPCの画面で見るとこの二機種の描写が斯くの如き異なることにあらためて驚いた。

いわば、カリカリとゆるゆるのアムステルダム、切り取る機材で随分と違う世界のようだ。

Bike at canal in Amsterdam 32
(X-E1+XF35mmF1.4R)


自転車の後輪マッドガードにピンを合わせたが、かなりのゆる~い雰囲気になった♪

開放絞りF1.4でシャッター速度は1/4000sでやや白とびだったがRAW現像で調整した。

一方カリカリ系はどうかというと

Bike at canal in Amsterdam 36
(X-T10+XF27mmF2.8)

シャドートーンを-2、シャープネスを-1で撮影したにも関わらず

かなりのハイコンでシャープネスが効いた出来だったので

これもRAW現像で調整してソフトな仕上げにしたのだが、X-E1と比するとデジタル臭い。

やはりゆるゆるが善哉♪

以下はかなりのゆるい描写なので自分でも魂消た~

Bike at canal in Amsterdam 33
(X-E1+XF35mmF1.4R)


後輪のタイヤ表面上にピンが来て、あとは全体がボケている。

APS-Cセンサーとは思えないボケ表現だ。

これも開放絞りF1.4でシャッター速度は1/4000s、白とびだったものをRAW現像で調整した。

これだけボケればフルフレームでなくてもいいな、と思わせる。

これもF2.8まで絞っていれば白とびもしないかわりにボケもしなかったろう。

XF27㎜パンケーキは開放F2.8なのであまりボケないのは道理だが

うっすらとくらいはボケもする。

Bike at canal in Amsterdam 31
(X-T10+XF27mmF2.8)


スナップならばこのレンズの方がボケ過ぎずに好ましい。

40㎜相当のやや広角幅も実に使いやすい。

50㎜相当であれば左上隅の人物はフレームインできなかったろう。

これもカリカリにならないよう調整したが

高精細な描写とハイコン性能はパンケーキと侮れない優秀なレンズである。

要は使い分けということだろうか?

最後に先月の拾遺だがカリカリの例として以下を

Bike at canal in Amsterdam 34


これはXF27㎜ではなくXF35㎜なのだが

F3.6まで絞った結果、斯くの如き描写となった。

これはX-T10のセンサーのせいもあるのだろうか?

X-E1をゲットしてみてX-T10の精細描写がよくわかったのである。







[PR]
by amselstillalive | 2016-09-28 05:05 | Amsterdam | Comments(6)

アムステルダムへ日帰り旅行の成果

先月の二泊三日に続いて昨日はアムステルダムへ日帰り旅行を敢行した。

日帰りは20年ほど前に団体でバスを貸し切って以来であった。

ICEで片道2時間、9時半に出発して11時半到着

帰路は6時半出発ゆえ7時間の滞在である。

もう何度も訪れたなじみの土地ゆえ観光的に見るべきものは見たし特に新奇なものもない。

ゆえに7時間の撮影時間でもう充分なのだ。

Bike at canal in Amsterdam 28
(X-T10+XF27㎜F2.8)

大体のところ撮るモチーフは運河に自転車と決まっているのである(苦笑)

ゆえに都市の細かいデティールをなぞる。

先月の二泊三日よりはきつかったものの、やはり土地柄が自分によくあったと感じる都市ゆえ気分がよかった。

天気も14℃前後という予報であったが、どっこい20℃近くになって温かい一日だった。

カメラはX-E1にXF35をX-T10にXF27を装着した二台体制。しかしちっとも苦にならないのは二台でD610一台分の重量しかないからだ♪。

Bike at canal in Amsterdam 27
(X-E1+XF35㎜F1.4R)

レンズ交換の煩わしさを避けるための二台体制だったが

帰宅後PCでチェックしたさいに以上の組み合わせは逆にしておけばよかったと後悔した。

X-E1はメカニカルシャッター最高速度1/4000Sのためf1.4絞り開放では白とびしていたのである。

(X-T10でもメカニカルシャッター最高速度1/4000Sだが自動でレンズシャッター1/32000Sに切り替え可能)

これがカメラのモニターではちょっと明るすぎるかな、という程度で

それほどの白とびには見えなかった。

たしかに撮影中、カメラのEVF内のシャッター速度標示が4000で紅くなって警告はしていたのである。

がしかしX-T10に慣れていたので軽く無視してしまったのだった凹凸

しかし幸いにもRAW同時記録であったから救えたものもあった。

このあたりヴァレンシアの教訓が生きている(苦笑)

at a café in Amsterdam
(X-E1+XF35㎜F1.4R)

上のイメージは路面電車の中から撮った。

ゆえにカッフェの客もカメラに注目していない。

場所はレンブラント広場であるが、光蜥蜴が活躍する天気の良さが感じてもらえるだろう。

スナップ的状況であるからISOを上げF4に絞っている。

X-E1のトーンの素晴らしさと精密な描写にうっとり

と撮影者は自画自賛するのであった♪


以下のイメージは一日のしめとして土地のビールを味わったカッフェからの光景。

今度はカッフェから路上の人々をねらう。

at the café 't Hooischip, Amsterdam
(X-E1+XF35㎜F1.4R)

なんだか無性にまた行きたくなってきた♪

わたしはなんでこんなにもアムステルダムが好きなのだろう?

前世の因縁でもあるのだろうか?

いずれにせよこの欧州でも指折りに美しい古都へ

わずか二時間のアクセス(電車または車)で到達できる環境に暮らしていることを

偉大なる誰かに感謝している。








[PR]
by amselstillalive | 2016-09-25 04:59 | Amsterdam | Comments(2)

Amsterdamに惹かれる理由

初めてアムステルダムを訪れたのはもう27年前になる。

夏の休暇でギリシアへ飛ぶ、廉いチケットを買ったらその出発地がブラッセルだった

そこでついでにアムステルダムも見ておこうとしたのだった。

第一印象は中央駅が水の上にあるかのごとき風情だった。

そして街中を巡る運河と。

まるで深川だ、と思った。

Bike at canal in Amsterdam 12

建築物や人々は目に入らず運河だけが印象に残ったわけである。

時はもう晩夏でしかし陽の光が水に反射して眩しかった。

どこをどう歩いても運河と橋にぶつかる。

いったことがないベネチアも斯く有らん、とも思った。


at a corner of Amsterdam


そこにある建物群はほぼ17世紀、オランダの黄金時代のものが多い。

わが国では江戸時代だ。

幕末明治初期の写真に残された江戸の街並みは美しい。

建物の様式に統一感があるからだが、

アムステルダムでは400年来の建築が廂を並べているゆえ美しくないはずがない。

LOOK AT US!


偉大な時代の優秀な国民が築き上げた誇りある首都ゆえの威風堂々たる佇まい

石の建築と道路で固めた市街を幾何学的に掘られた運河が街を水没から救っている、その智慧。

いかにも欧州らしいその景観に嫉妬を覚えた。

わが国は何故然らざる。

serene


当時は斯くの如き思いを致したものの歳月とともにこちらの思考も変容した。

それにもかかわらず水の上の美しき首都は静かに眠るが如く

ゆったりと羊水の中で胎児が見る夢の如き夢想をむさぼるのである。





試しに以下をバックグラウンド・ミュージックに再度写真をご覧になってくださいまし♪







[PR]
by amselstillalive | 2016-09-11 21:08 | Amsterdam | Comments(2)

黄昏、そして夜の雨にうたれるAmsterdam

17世紀に黄金時代を迎えたオランダとアムステルダムである。

そのころの建築物が土壌のゆるいデルタにひしめいて建てられ

今や歪んだものも多いのだが、それでも華やかだった時代の名残を濃厚に残している。


two lonely people


もとは東インド会社の建物だった市立資料館の近くの橋のふもとにならんですわり、それぞれがそれぞれのスマートフォンに夢中の二人

なんとも侘しい光景である。

その資料館前の通りには

もうすっかり黄昏が落ちていた。

twilight on Amsterdam 2


いずこの都会でも黄昏はせわしない人々の流れが生活への郷愁を誘うが

かって世界の海をわたり富をかき集めた小さいが大事業をなしとげた国の

その首都ゆえにまた独特の味わいがある。


twilight on Amsterdam 3


市内を四通八達した運河のそのひとつに

すでに宵闇が迫っている。

こころにしみわたってくるかの如き夕暮れだ。

生活者なれば家路を急ぐころといえども

旅するものにとっては故郷に思いをはせるしかない時刻である。


059.gif


さて、夕食をすませ宿にもどろうかというころ

突然の大雨に降りこめられた。


hard rain falling on Blauwbrug("blue bridge") Amsterdam

宿はエルミタージュ美術館アムステルダム別館の近くなのだが

そこまでとどりつくまえ、Blue Bridgeのあたりで動けなくなってしまい

橋のたもとのカッフェーで雨宿りをする。

街の昔の古い夢も、世界中から集まる様様な人々の想いもすべて閉ざすが如く

激しい雨が降り続く。

運河の水も天の雨もまざりあい黒々と流れる古都の夜であった。







[PR]
by amselstillalive | 2016-09-03 22:48 | Amsterdam | Comments(6)

Amsterdam、X-T10による犯罪の記録

釣りタイトルになってしまったかも知れぬ♪

犯罪といっても軽犯罪であるし、誰も気にしていない程度のものだ。

Bike at canal in Amsterdam 6


アムステルダムは運河で囲まれた都市であるから橋の数も数知れず

その橋げたに駐輪するのは実は法律違反なのだ。

といってもどの法律の第何条かと問われてもわたしは知らない。


Bike at canal in Amsterdam 7


アムステルダム市民も知らないのではないか、と思うほど

「違法駐輪」は普通に多い。

至る所で見られる案件故、当局も黙認しているのであろう。

もっとも駐車ならともかく駐輪違反をとりしまるほど当局は暇ではないのだろう。


Bike at canal in Amsterdam 8


しかし、もし当局が熱心に違法駐輪を取り締まったとしたら

アムステルダムの景観はとてつもない大変化により破壊されてしまうことだろう。

ゆえに違法駐輪は市の観光政策上必要悪ということか?

しかし悪というほど邪気を感ずるほどもないささやかな

人間らしい行為に思えて仕方がない。


Bike at canal in Amsterdam 9


それは自転車という道具がもつ「人間性」によるものなのか知れないな、

などどどうでもいいことまで考えてしまうのだった。







[PR]
by amselstillalive | 2016-08-31 18:44 | Amsterdam | Comments(6)