アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

タグ:Ai Nikkor 55mmF1.2 ( 3 ) タグの人気記事

"Bokeh Panorama"に相応しい機材

"Bokeh Panorama"に相応しい機材はといえばAPS-C機でないことは理論的にも実践的にもわかった。

理論上はAPS-Cセンサー機で8枚重ねで撮影しても中判ロクナナ(6x7)にしかならない。

しかし35㎜フルフレーム機であれば4枚重ねで ロクナナ、8枚重ねであれば大判シノゴ(4x5)相当の画になるわけだ。

かって所有していたD610はすでに手元にないのでフルフレーム機を新たに導入する必要がある。

手持ちのオールドレンズ(M42,L/R,Y/C,Contax Gなど)を有効利用するためα7カメラを欲しいとかねがね思っているので、このボケパノもよい理由(言い訳)になりそうだ♪

一方、問題はレンズをどうするか、である。

Flickrにおけるボケパノ大御所連はα7+FD 85mmF1.2であることはすでに紹介した。一つにはボケ量が大きいことと重量、さらにコストパフォーマンスの高さがあるからである。


BokePanoExp2S

ボケ量から検討する。

ボケ量の目安となる数値に「レンズの有効口径」がある。

焦点距離÷F値=レンズの有効口径

この数値でレンズのボケ量が簡単にわかる。35㎜版標準レンズである50㎜F1.4であれば

50÷1.4=38

となる。

手持ちの55㎜F1.2は

55÷1.2=42

であるからややボケ量が大きい。

これを85㎜、105㎜、135㎜などで比較すると

85㎜F1.2>>85÷1.2=71
85㎜F1.4>>85÷1.4=61
85㎜F1.8>>85÷1.8=47
105㎜F1.8>>105÷1.8=58
135㎜F2>>135÷2=68

となり85㎜F1.2のボケ量が大きいこと一目瞭然である。

中古現行製品などいくつか比較してみれば自ずといずれのレンズがベストであるか了解できるだろう。いちいちここで比較はしない。

比較ポイントは価格と重量である。いささか乱暴だがここでの重点はボケ量ゆえその他のレンズ性能は、まっほとんど変わりがなかろう、としておく。

やや妥協して85㎜F1.4でもいいかもしれぬ。これなら某国製の廉価レンズが新品で買える。

いずれにせよα7IIが価格落ちした時が導入時期となろう♪















[PR]
by amselstillalive | 2017-04-21 16:04 | 写真撮影 | Comments(2)

"Bokeh Panorama"の続き

"Bokeh Panorama"を手持ちの機材で試してみたわけだが

その結果はまずまず、というところにしても、しかしボケが不足の感あり、なのは否めない。

より大きなセンサーとより小さなF値がベターであること瞭然としている。


BokePanoExp4S



前回紹介したFlickrグループ"Bokeh Panorama"にはディスカッション欄に

Best Lens for this Method


があり、そこではこの方法での大御所ともいえるSteven Hight(米)氏が選ぶべきレンズとして

1. 85mm f1.2
2. 85mm f1.4
3. 135mm f2

と指摘している。


そしてたとえF1.2だろうと50㎜レンズは薦めない、とも。


ちなみにHight氏はα7S+FD85㎜F1.2Lを使用されている。



BokePanoExp6Sbw



Hight氏と並ぶ英国の雄であるEdd Noble氏もほぼ同意見で


50㎜レンズは相応しくなく、85㎜F1.4であれば50㎜F0.95よりずっと効果がある、と述べている。


ちなみにNobel氏はα7+FD85㎜F1.2Lを使用。


理由はコストパフォーマンスと機材の重量である。


両大御所の撮影結果からみてその組み合わせがベストのように見える。


つまり結局のところ、わたしが今使用しているFujifilm X-T2+Ai Nikkor 55mmF1.2という組み合わせはこのボケパノには相応しくないようだ。


今回載せた二枚の結果を見ても残念ながらそれは明らかだ。


ではさて、ということで


次回はあるべき機材について検討してみたい。









[PR]
by amselstillalive | 2017-04-20 17:09 | 写真撮影 | Comments(0)

"Bokeh Panorama"を試してみた

英米で流行っているかに見える"Bokeh Panorama"を試してみた。

これはPhotoshopのパノラマ作成機能を利用して中判大判写真のような大きなボケを生もうというもので、Ryan Brenizer氏が編み出した方法故、Brenizer Methodeともいわれているようだ。

色々検索してみたが日本語のものはほとんどなく英語で苦労してみたがこれもまた愉しみのひとつだ。

Flickrにはこれ専門のグループもあり、ここに掲載されている中にはとても素晴らしいものが多い。
Sony α7+85㎜F1.2を利用するとよい結果がでるようだが、今できる手持ちの機材でまずは試してみた。


BokePanoExp1S


APS-Cセンサー故に大きなボケはでないが、中判で撮影したかの如き雰囲気は出た、

最初の一枚としては上出来だ、と自画自賛するのである。

新機材導入を睨みながらこの方法をさらに研究研鑽してみたい。



興味のお持ちの方は以下をご参照あれ♪

グループ"Bokeh Panorama"
https://www.flickr.com/groups/1040743@N20/pool/
撮影方法
https://youtu.be/wuJC7n5I3mg
Photoshopパノラマ作成方法
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop-elements/kb/3625.html




[PR]
by amselstillalive | 2017-04-19 04:26 | 写真撮影 | Comments(2)