アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

タグ:ACROS ( 1 ) タグの人気記事

ACROSを、X-T2デフォルト設定で撮影してみた件

X-T2のデフォルト設定はどうなのか一度は試す価値がある。

フィルムシュミレーションはむろんACROS、XF35㎜F2を装着して撮影した。

およその結果は予想できたが、こんな仕上がりになった。

2:45 PM Düsseldorf


黒が締まり、ダイナミックレンジも広くグレートーンが滑らかで気持ちがいい♪

諧調が豊かなのは24MPの新センサーのお蔭だろう。

絞りはF2開放だが、シャッタースピードはマニュアルで1/2000を選択した。

ほとんど太陽を直視したフレームなので画面右下にゴーストがでている。

しかし、これだけしかでない、ともいえる。

午後3時前なのに陽の低さに注目されたし凹凸

winter light on Kö, Düsseldorf

上は絞りをF7.1まで絞り込んだ、しかし実はF5.6で充分なのだ。

梢を細かく描写したかったので老婆心で絞り込んだのであった。

結果は、かって惚れ込んだコダックのC41現像モノクロBW400CNの描写を思わせるものだった。

Fujifilm では同社のモノクロフィルムの描写を狙ったのだろうが、

しかしわたしには縁がなかったのでよくわからないのである凹凸

1:44PM Düsseldorf


上はF2開放であったが、ほぼ遠景の人々がよく描写されている。

XF3㎜F2は実に優秀なレンズなのである。

大きなボケを期待するのでなければF2で充分だ。

スナップのようなケースではAFも早いのでXF35㎜F1.4よりは使いやすい

という定説どおりである。

1:48 PM Düsseldorf


スナップで路上の人々をねらう場合はノーファインダーが常道だが

これもF2で撮影してしまった。

絞り込んで多くの人々を画面に入れ込むより

特定の人が浮き上がり画面に奥行きがでる開放絞りがよいと思ったからだ。

しかしそれはカメラのAF性能が頼りとなるが

その点はX-T2は実に頼りになる。

ちゃんと狙い撮りの人にフォーカスされた。

水平が偏っているがスナップならそれも魅力の一つであろう♪

1:38 PM

【結論】

X-E1+XF35㎜F1.4が醸すような柔らかくまるい世界ではないが

黒が生き生きと自己主張するようなデフォルト設定のACROSはこれはこれで魅力なのである。

この場合にはXF35㎜F2を選択するのが善哉♪

ということになった。






[PR]
by amselstillalive | 2016-12-01 20:06 | 機材 | Comments(2)