アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

タグ:機材 ( 23 ) タグの人気記事

とくに必要としていないレンズ、FE55㎜F1.8ZAをゲットした件

もう二月前のブダペスト旅行報告がまだ完成していないわけですが、また悪いビョーキがでて、とくに必要としていないレンズをゲットしてしまったので、そっちの方を先に報告したいと思います凹凸(^^♪

そのレンズとは、Zeiss FE1.8/55 ZA T*であります。

わたしにとってはSony製のZeissレンズは初めてになります。

late autumn light@Heilbronn, Germany


F1.8という開放絞りですが、焦点距離が55㎜のため有効口径がやや大きくなり、ほぼ50㎜のF1.6に相当するボケ量です。

F1.4,F1.6さらにF1.8とほとんどボケ具合に差は(個人的には)感じていないのでこれはまあ善哉、と判断しましょう♪

よくボケる、といってもいいのではないか、と感じます。

また持論ですが、Zeissらしい光の描写に秀でた光学性能ではないでしょうか?

以下もそれをよく物語っているようです。↓

late autumn light@Heilbronn, Germany 2


また55㎜という焦点距離も還暦を数年すぎた高齢者としてはまことに使いやすいのであります。

高梨豊師の「焦点距離=年齢論」を思い起こしてください。

ここからすると60㎜がもっと使いやすそう、という推論も成り立つわけですが、

60㎜というとマクロレンズばかりでしかも重いのが多いので剣呑です。

まずはこの55㎜で若い気分を味わっておこう(^^♪


このボケを「生かして」ついついボケパノまで撮影してしまいました。


autumn light@Südpark, Heilbronn, Germany


ボケパノ用のレンズを持参していなかったので、装着していたこのレンズで敢行したわけです。

機材は
Sony Alpha7+Zeiss FE 1.8/55 ZA T*,
x 9枚
右下から逆S字撮影
合成は MS-ICE ということなんですが、そこそこぎりぎりボケパノとして成立しているのではないか、と自画自賛するのであります。

またこのレンズ、シャープさで高名でありますが、そっちはどうなのか?


wine field after harvest@Heilbronn, Germany


F5.6まで絞ってみました。

すでに収穫を終えた南ドイツのワイン畑が隅々までクリアーに描写されています。

こういう高精細な描写を見せつけられると、このレンズ性能をより生かすために

α7RIIに装着したら如何であろう、

という余計な想念が浮かんでくるのであります。

折からα7RIIIも発表となり旧型の値落ちが期待できるからかも知れません。

これぞまさしくとくに必要としていないレンズをゲットした報いでしょうか?

物欲、もとい、写欲がぐんぐん盛り上がってくるのであります(^^♪








[PR]
by amselstillalive | 2017-11-02 18:06 | 機材 | Comments(0)

とくに必要としていないレンズ、XF23㎜F2RWRをゲットした件

フジノンのF2シリーズはこれまでXF35mmF2を買いはしたもののあまり使用していない。

しかしその描写能力は素晴らしく、また小型軽量なので持ち歩くに便利なのだが、どうしたわけだろう?

Xマウントの50㎜相当で持ち出す頻度は、

XF35F1.4 >Touit 1.8/32 >XF35F2 の順である。

にもかかわらず今回XF23mmF2をゲットしたのはわけありだったからだ。

orange@Düsseldorf


そのわけは、説明が面倒なので略す(^^♪。

とりあえずこのレンズが手元にあるので使ってみる。

絞り開放でうっすらとボケるあたりはXF35mmF2と同じ。

また高精細な描写もF2シリーズの特性だろう。

ゆえにこのレンズはF5.6あたりに絞って使用するのが王道か?


indication of fall 5


35㎜相当の焦点距離はその昔はずいぶんとお世話になったものだ。

がしかしその後、好みが50㎜へと変容しあまり使わなくなって久しい。

視覚が広すぎて何を撮りたいのか、結果を見て自分でもわからなくなりそうで胡乱である。

そのあたり50㎜ならしっかりと定まった視点が明確なので安心なのだ。


@a corner of Düsseldorf


視点を定めてそしてそのモチーフ周辺に何があるのか、あるいはモチーフと他者との関係性、というかどうもそういう説明的な画になってしまうような気がしてならない。

そういう使用法があってもいいのだが、撮影者の現在の心境ではそういうものが必要かどうか疑問である。

また視点を定めず、眼前で何か発生している、それをそのまま記録する、そんな撮影方にも相応しい画角なんだろう。

それもわたしには必要ない。

つまり、結局のところ、わたしには必要のないレンズなのだ。


cool summer 2017


と、いっては身も蓋もない。

しかし高性能のレンズであることは間違いない。

ハイコントラストでシャープネスが高い現代風のレンズだ。

好みかどうかといえば、まあ好みの描写ではある。

まあ、と留保をつけたのは、時にはこういう描写が必要なこともあるにはあるが、主に使用するのはもっとユルい描写のレンズだからである。

上に述べた50㎜相当の持ち出し頻度を見て欲しい。

もし、わたしが35㎜相当をXマウントに用いるならむしろXF23mmF1.4にすべきなのだろう。

以上は実は8月の出来事だった。

翌月は、このレンズももって一時帰国したのだが、その件については次回以降にて♪







[PR]
by amselstillalive | 2017-10-18 17:13 | 機材 | Comments(0)

とくに必要としていないSigma 30mm f1.4 DC HSM Artをゲットした件

Sigma MC-11をゲットしたらなんだかEOS EFマウント・レンズが欲しくなりDistagon35㎜F2ZEを買ってしまった。実はその前にSigma 30mm f1.4 DC HSM Artを購入していたのであります。

初めてのArtレンズであります。

かってはSD14,SD15用定番レンズとして30㎜f1.4EXを愛用していたのですが、SDカメラと告別するにあたり他に使い道のないSAマウントレンズも一緒に旅だって行きました。

しかしながらカメラ・レンズともに清冽な印象を残して行ったのです(と、遠くを見る目・・・)。

familiar light and shadow


その思い出忘れがたくいたのではあります。そして後継レンズが「Art」として甦っていたことも知ってはいたのです。

しかしはなから縁のなかったCanonも、またNikonもSigmaもAPS-Cセンサーとはおさらばしていたのでそれを購入するという気にはなれませんでした。

そしてはからずもMC-11という変な、いや素晴らしいアダプターが存在する世となりα7ゲットとともに今やっとかっての神レンズの後継と出会うことになりました。

とはいえどうもしっくりこないのは何故だろう?

familiar light and shadow 3


どうもコントラストとシャープネスが強すぎる~!色だって濃すぎるぞ~~

これが「Art」レンズの特性なのだろうか?あるいはこれが今風な一般受けする傾向なのだろうね。

あの、かってのまろやかなボケはどこへ行った?

しかし、機材はあくまで使い方次第と思いなおす。

indication of fall

そしてあっちゃこっちゃカメラを調整し、またフォトショップでいじって、やっと今の自分の好みの、そしてそれはかってのSDとEXコンビの味わいでもあったのですが、そういう風味を出せるようになりました。

やれやれ😥

こうしてやっと「Art」レンズとは何かという片鱗をつかんだのであります。

ピンがきた部分のシャープさといい、ハイコンがもたらす立体感といい、また質感も素晴らしい。

これは是非SDで使ってみたいな、という余計なもやもやさえ湧きあがるのであります凹凸


summer evening light 25


いやいやα7の24MPセンサーも充分善哉なのでありますよ。

が、それにしても、Sigmaレンズの描写傾向はLeicaさま的味わいかな、と

ほぼ同時に購入したDistagon35㎜をあわせて使用しているせいか、そう感じるのであります。

本日アップしたイメージもそういえばそういう傾向が強そうです。つまり影の描写にアクセントがあるような・・・

これを思い切り絞り込んで低露出としハイコンとシャープさを強調したらどうなるか?

indication of fall 3

と、こうなりました。

これはやはりLeicaさまというよりSigma世界なのでありますね。

いや、めでたし、めでたし、と(^^♪





[PR]
by amselstillalive | 2017-08-03 05:09 | 機材 | Comments(0)

Summicron-R 50mmの復活

ボケパノ用にととり急ぎ買ってしまったα7だが後悔はない♪

しかしもっぱらボケパノ用だけに使用するのももったいないのでオールドレンズも装着してみるのである。

すでに色々試してみたがやはり中でも一番凄みを感じるのは「標準レンズの王」といわれるSummicron-R50㎜だった。

early summer 5

ピンがきた点のシャープネスとボケとのバランスがまるでボケパノで撮った画のようではないか~!♬

これなら無理や面倒なことをしてまでボケパノ撮影するまでもない、とも感じる。

しかしあれはあれでまあ面白い遊びなんだから、と気を持ち直す。

early summer 4

Zeissは光の描写が得意、Leicaは影の描写に秀でる、がわたしの持論である。

ゆえにこのレンズに期待するのはやはり影の部分なのだ。

上の一枚の影のトーンを見て欲しい。しかもRAW現像ではなくJPEGで撮り出したカラー・イメージをモノクロ変換しただけなのでありますぞ、ご同輩。

色付きといえばこんなのもある。

early summer 14


かなり絞り込んで初夏の森の木漏れ日を撮った。これもやはり光より陰に主張を感じる画作りだ。

Leicaの設計者の嗜好性なのか企業の伝統なのかもしれない。

そして色合いはあくまで渋いのがライカさまなのである。

しかし、影に帰る。

once upon a summer day 3

光と影しかも影の描写となれば当然モノクロである。

斯くの如き光蜥蜴の活動期ともなればモノクロだけで撮りたい。

しかし渋味の色もみたいということでKlar(クリアー)というイメージモードで撮影しておきさらにモノクロ化する。

(ついでに文句をいえば、Sonyは欧州市場向けのカメラには日本語のメニューがない。ゆえにこのモードを日本語で何というのか知らない。これはNEX以来の奇妙なMKTGだ。欧州に住む日本人ユーザーは眼中にない、ということか?あるいは日本人だろうと欧州にいるなら欧州語に適応せよというありがたきご託宣なのだろうか?いずれにせよ不可解で腹立たしい。いちど日本語メニューをダウンロードできないのかと日本国内のサーヴィスセンターに問い合わせたが、できない、とけんもほろろの対応であった。Sonyは日本企業ではないと結論をだすしかなかろう。)

RAW現像は面倒なのでしない。

Fujiの場合はフィルムシュミレーションもRAW現像で転換できるし使用法も簡便なのでもっぱらRAW撮影するのだが、SonyのRAW現像ソフトは使い難い、ゆえにJPEG撮り出しのみである。

JPEGをいじるのは感心しないがこっちはまあFlickrや500pxなどに発表するだけなので気にしないことにしている。

summer evening light 3

ちらっと見ただけではRAW現像なのかJPEGをいじったのか判断はつくまいとタカをくくっているのだ。

だって自分でもわからないもんね。

これまでRAW現像にこだわってきたアホさ加減をしみじみと感じる。

RAW撮影を止めたのはα7のソフトの問題もあるがボケパノ撮影のせいでもある。

RAWどころか24MPをフルに使うことさえ剣呑なのでボケパノでは最小の6MPで撮影する。

これを9枚合わせれば54MP,そのうち50%がオーヴァーラップとして27MPだから、まあそれで善哉、なのである。




[PR]
by amselstillalive | 2017-06-15 20:20 | 機材 | Comments(2)

今年最初のアムステルダム行、Touit1832とともに

さて二日目は、(其の実一日目の晩からだが)Zeiss Touit 1.8/32を使用した。

F1.8の開放絞りゆえAPS-CではF2.8相当のボケ量になってしまうが

このレンズに期待するのはボケよりもPlanarらしい描写なので

小型軽量に収まった設計はありがたい。

Sigmaのようにガタイも重量も無視した性能追及は立派だがロートルにとっては閉口なのである。


Rietlandpark station, Amsterdam


F1.8開放で夜景を撮った。焦点を手前の二人に合わせたが、後景の路上の人々も比較的はっきり写った。

これはシャッター速度を1/150にマニュアル設定したためだろう。

ほとんどノイズもないが、これでISO5000であった。

ボケも撮り方によっては以下のようになった。


night street in Amsterdam


F値、シャッター速度、ISOともに一枚目と同じであるが、手前のモチーフにフォーカスしたため以上のような結果になった。

二枚とも、いわゆるアムステルダムらしい絵柄ではない。

ともにホテルの近くで夕食の前後に撮った。

ホテルは、かってはこの港から米国へと発っていった移民たちを防疫検査のため逗留させた施設をホテルに改造したものである。

(ホテルになる前は一時監獄として使われた時期もある。)

ゆえに立地は観光には不便な場所である。かっては港湾施設しかなかった立地だが今やオフィスビルや住居が開発された地域となっている。

さて、二日目である。

家内は別の用があり一人でドイツへ帰ったため、単独行動である。

一日目もまあ、仕事で来た家内とは別行動だったわけであるが・・・


Westerkerk(Western Church),Amsterdam


20数年前に参観したことがある「アンネフランク記念館」近くにある「西教会」である。

午前中の早い時期だったためか旅行者の姿が見えない。

この教会にはレンブラントの墓があるので有名だが今回は参観せずに外観を撮影したのみ。

F4まで絞ったが十分クリアーに撮れたと思う。

開ければ柔らかく絞ればシャープというPlanaraの標準レンズらしい性格が立派に継承されている。


at a small park in Amsterdam


いわゆる「空気感」はPlanarには期待するもののひとつだが、

この彫像群像をめぐる「空気感」を感じていただけるだろうか?

ダイナミックレンジの弱い機材では暗部がつぶれ明部が白とびしがちなこんなシーンも

X-T2の性能のおかげで楽々クリアーした。

性能的に伝統継承しながらもパッケージは現代のレンズらしくコストパフォーマンスの高いレンズと、

それとは逆に、センサー及エンジン性能の高い機能を伝統的な銀塩カメラ風のデザインに入れ込んだカメラ、

まさに善哉なコラボなのであった♪






[PR]
by amselstillalive | 2017-04-05 18:13 | Amsterdam | Comments(0)

今年最初のアムステルダム行、XF18-55とともに

今年最初のアムステルダム行は一泊二日だった。

彼岸過ぎとてもう寒くはないがしかし海風は冷たい。

今回はカメラはX-T2一台のみ、レンズはXF18-55とTouit1.8/32の2本だけにした。

一日目はXF18-55を使用した。


Church of Saint Nicholas, Amsterdam


XF18-55は主に18㎜を使いファイルは画面比率16:9のMサイズ4240×2384で記録した。RAWも同時記録し必要があれば現像した。

何故かというと、アムステルダムについてFlickrメンバーでオランダ人の某氏がX-T2+XF14㎜で秀逸なイメージを記録されているので

ちょいと顰に倣ってみたのである。無論35ミリ版で広角21ミリと27ミリでは随分と異なるのは承知の上だ。

これまで広角はあまり好まぬが少し気分を転換してみたくなったのだ。


Amsterdam central station & VVV


ほとんどがパンフォーカスになるよう絞りもシャッター速度も調整した。

このレンズにはボケは期待していないからだ。

XC16-50は廉価版でも秀逸な写りであったが、X-T10とともに手放したので

今やXF18-55が唯一のズームになった。


Bike at water in Amsterdam 2017


X-E1に装着したよりはX-T2に使用したほうがより精細な描写に感じるのだがセンサーのお蔭だろうか?

これまでほとんど使用する機会がなかったズームだが大いに見直した。

ちなみにシャープネスは-2に調整してある。

デフォルト設定ではX-Trans CMOS II同様に細部が潰れて油絵のようになるからだ。

しかし24MPのX-Trans CMOS IIIの方がややマシかも知れない。

小さなサイズでは目立たぬしA4に印刷すればほとんど気にはならないのだが

どうも嫌でX-T10とは別れることになったのは残念だった。

それはともかく、

次の一枚はRAW現像で細部にこだわってみたものである。

画面比率も3:2にしてみた。建物をうまく画面にはめ込むためである。


Nieuwmarkt (Amsterdam)


Flickrにて拡大していただければ建物壁面が高精細に再現されているのがお分かりになろう。

XF18-55mmF2.8-4は優れたレンズである。

XF10-24㎜F4通しの広角ズームが評判良いようだがどうも重すぎるようだ。

やはり単焦点レンズが欲しい。

XF14㎜、XF16㎜、XF18㎜などが候補だが、XF18-55がここまで優秀なら

無理をして散財するには及ぶまい。

とりあえず広角側が35ミリ版27㎜相当のこの標準ズームでいいのではないか、と感じた。


Bike at water in Amsterdam 2017(4)

以上、アムステルダムについての記述がなかったが次回以降に述べたいと思います♪






[PR]
by amselstillalive | 2017-03-29 06:52 | Amsterdam | Comments(6)

Zeiss Touit Planar 1.8/32 T*はむしろX-Trans初期型との親和性があるという件

X-T2につけっぱなしのZeiss Touit Planar 1.8/32 T*だったが

X-E1に着け代えてみた。

ちなみにこのレンズ付属のフードは長すぎるという感想ももつユーザーが多いが

Otus系のデザインに固執しすぎなのではないだろうか?(その点、Loxiaのデザインは好ましい)

つまり装着した見栄えはレンズフードのせいであまり善哉とはいえぬ凹凸

それはともかく撮影結果はどうかといえば・・・


early spring light


X-Trans初期型センサーの長所がよりよく発揮されたような気がする。

技術的にどうなっているか知らないのであくまで「気がする」という感想をもったに過ぎない。

初期型センサーの長所とは何だろうか?

線の細い十分な高精細さと柔らかい描写である。


early spring light 2


これが二代目となると線の細さが失われ、シャープネスが強くなり細部が潰れるようになってしまった。

いわゆる「塗り絵」とか「油絵」的な描写といわれている。

これはX20に顕著であり、購入後すぐに嫌気がさしまもなく手放した。(ちなみにX-T10も同じ理由で去って行った凹凸)

代わりに購入したX-M1は初期型最終モデルであったゆえ

初期型長所がもっとよく発揮されている。


walking with white dog


X-E1においてもその初期型センサーが味わえるのが嬉しい。

Touit Planar 1.8/32の精密描写がX-Trans初期型センサーのありがたみを深めてくれたようだ。

X-T2の三代目センサーはピクセルが50%増加したため精細感も増したが

二代目の細部のつぶれはまだあるようだ。

これはシャープネスを-1あるいは-2に調整することで少し免れる。


early spring light 4


それとは逆に初期型ではコントラストがやや不足のような気がする。

これもまた技術的検証ができないので、あくまで気がするという感想にとどまる。

これは三代目センサーを搭載したX-T2のフィルムシュミレーションACROSをスタンダードに見た場合である。

ACROSに慣れる前は初期型のコントラストでちょうどいいと感じていたのに

ACROS後は見方が変化してしまった。

ゆえにX-E1で撮影する場合シャドートーンを+1にすることにしたのである。





[PR]
by amselstillalive | 2017-02-25 22:07 | 機材 | Comments(4)

とくに必要としていなかったレンズ(Zeiss Touit Planar 1.8/32 T*)で散歩道の出来事を

とくに必要としていなかったが使ってみると大変気に入ってしまい

目下X-T2につけっぱなしのZeiss Touit Planar 1.8/32 T*で散歩途上でであった事柄を記録する。


walking away 2


春の陽射しでトーンが和らぐのが嬉しい。

この日は薄ぼんやりとはっきりしない日ではあったが

生温かい気温に誘われたのかいつもの散歩道にも人が多く出ていた。


walking with black dog


人ばかりではなくワンコたちも心なしか足取りが弾んでいるようだ。

陽射しで後景が薄く霞んでいるのが好ましい。


walking with black dog 2


これなどはレンズより、ACROSの黒の表現が目立った。

ACROSに赤フィルターを加えている。

X-T2ではこういうことができるので楽しい。


sleeping


近くの農家で乗馬用に飼っている馬たちが陽気のせいか立ったまま昼寝中である♪

三頭揃ってとは珍しい。

集合意識があるのを容易に知ることができる。


how are you today, Henry?


こちらは驢馬のヘンリー。

かなりの爺さんのようだが労働免除されているので

幸福な晩年を送っているようだ。

この一枚は昨日(17日)久方ぶりにFlickrでExploreされた。

なんでだろう?凹凸♪









[PR]
by amselstillalive | 2017-02-18 17:03 | 機材 | Comments(4)

とくに必要としていなかったレンズ(Zeiss Touit Planar 1.8/32 T*)が活躍している件

とくに必要としていなかったが使ってみると大変気に入ってしまい

目下X-T2につけっぱなしのZeiss Touit Planar 1.8/32 T*なのであります。

rainy night in Bochum


こんな描写をされてはそれもむべなるかな

このレンズ、防湿防塵ではなかったとおもうが雨の夜にももちだしてしまった凹凸

軽くF4に絞ってがISOは2500にあげてあるのでSSも1/250で悠々だった♪


rainy night in Bochum 2


この日の朝は雪だったのだが夜になって雨に変わった

スーパー入り口の日よけの下で濡れた舗道を撮る。

印象>>ACROSの黒の描写が光る。


at central station of Bochum


この夜はストリートスナップばかりだったが、ノーファイダーだがしかしチルト式液晶のおかげで

人に怪しまれずに真正面から撮ってしまえる。

プライバシー侵害の訴えがあればすぐ削除するがたぶんないだろう。

モスレム三人娘の揃い踏みだが、難民なのかどうかは知らねど最近はめっきり増えた。

被写体としては普通のドイツ女子(一枚目)などよりは興味深く観察できる。


Herne in twilight



それはともあれ夜の街頭に持ちだすには実に優れた高感度性能をもつX-T2であることと

ACROSの黒の表現の好ましさを痛感した夜であった。

これらにレンズがどれくらい貢献しているのかわからないが

F4からF5.6に絞った場合のPlanarらしい描写ではあったと思う♪








[PR]
by amselstillalive | 2017-02-16 19:25 | 機材 | Comments(2)

またとくに必要としていないレンズ(Zeiss Touit Planar 1.8/32 T*)をゲットしてしまった件

またとくに必要としていないレンズをついゲットしてしまった凹凸

Zeiss Touit Planar 1.8/32 T*である。

APS-Cでは48㎜相当であるゆえ、これでXF35mmF1.4R 、XF35mmF2Rとあわせて標準レンズ50㎜相当だけで3本になってしまった(苦笑)

フジノンXFレンズになんら不満はないのだが、結果いずれも描写特性が異なるので仕方がないのである。


delight light in winter 2


TouitはさすがにPlanarらしい光の描写で満足である。

Cosina製造の一眼レフ用のシリーズはM42のZSをもっているがそれとは明らかに異なり

むしろY/C時代の描写に先祖帰りしているようだ。

つまり線が細くコントラストもそれほど高くはない。


frozen lake


これはどうもContx Gレンズに近い描写ではないか?と感じる。

ということは噂通り京セラ製造なのではないかと思う。

GレンズもそういえばAFであったから、CosinaとちがってAF製造能力はある。

持論だが、Leicaは影の、Zeissは光の描写に秀でる。


frozen pond


それを承知で使用するとよりよい撮影結果が得られると考える。

つまり、光蜥蜴の場合も切り取り方がLeicaとは当然異なってくるのデス。

あるいはただ漠然と撮っていても結果はおのずとZeissの場合は光の部分が際立ってくるのだ。


delight light in winter 4


今年はドイツの冬にはめずらしい晴れの日が多い。

それでZeissがよく働いてくれる。

繊細な描写とX-T2の高精細センサーが親和性よく機能する。

買ってよかった

と思っています♪







[PR]
by amselstillalive | 2017-01-24 06:47 | 機材 | Comments(8)