アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

【一時帰国篇】建仁寺をX-T2で

年末年始があって、一時帰国の感慨がすっかりどっかへいってしまった(苦笑)

で、いまさらながら記憶をすこし温めてみる。

京都祇園は花見小路を南に突き当たるとそこが建仁寺である。

もと鎌倉建長寺館長でおられた湊素堂老師が建仁寺にお移りになったのは昭和55年だった。


moss@Kennin-ji, Kyoto



老師は十年前に94歳で遷化された。

特に親しくお目にかかったことはないが、家が檀家になっている寺の本山が建長寺であるため、

当時は毎年老師のお書きになった書と禅画のカレンダーを頂戴していた。

ただそれだけの縁なのだが、なにやらありがたきご恩を感じている。


water bowl@Kennin-ji, Kyoto


しかし老師が京都へ移られて以来はそのカレンダーも入手できなくなった。

またわたし自身も祖国を離れて暮らすようになったため老師の謦咳(の噂)に接することもなくなったのである。

それからほぼ30年が過ぎ、老師遷化から10年にしてやっと建仁寺を訪れることができた。

建仁寺といえば今やその法堂の天井に最近描かれた双竜図が有名になってしまったが、

わたしにとっては素堂老師のお姿を追うトポスである。


roots@Kennin-ji, Kyoto


晩秋の京都はライン低地地方に比して随分と暖かく、

紅葉の名残が過ぎ去った華やかさと

すでにおられぬお方の面影を偲ぶにふさわしい侘しい光が庫裏の中庭に満ちていた。


Autumn at the trace2@Kennin-ji, Kyoto


そのころ幼きわたしの禅への関心をかきたててくださった老師との

一期一会がその光だったのだろうか?

合掌

















[PR]
# by amselstillalive | 2017-01-12 21:44 | 日本 | Comments(2)

謹賀新年!

Happy New Year! Gutes Neues Jahr! Felice Anno Nuovo! 新年快樂! 謹賀新年!


little performer>


年末に終了したクリスマス市に手路上パフォーマンスをする子供たち、

難民の子弟と思われる。

一昨年多量に受け入れた難民だが、昨年末の街には一年前より多くの難民風の人々がくり出していた。

その是非は問わぬが、しかしドイツ人たちのそこはかとない不安を感じる。

「ベルリン・テロ」を受けて市に入る可能性のある路地はすべてブロックされていた。

さて、明けて今日はすでに2日だが

朝から小雪だった。

afterglow


冬至過ぎてもあいかわらず暗い日々だが

雪の反射で明るいのが救いだ。

散歩途上に盛大な夕焼け、というより残光が空をおおうのが見えた。

やや不気味で今年の行方を暗示しているのかと思ってしまった。








[PR]
# by amselstillalive | 2017-01-03 05:55 | ドイツ | Comments(4)

【一時帰国篇】人物をX-T2で

前回のエントリーのなかの人物撮影について、ルリビタキ師匠からご注意をいただいた。

ご指摘のようなトラブルには遭遇したことはないがそのリスクはたしかに存在するだろう。

ゆえにドイツ当地ではほとんど人物を真正面から撮影することはない。


Chinese people learning how to use water ablution(手水)@Fushimi Inari, Kyoto


伏見稲荷の手水場で水の扱い方を学習するシナ人諸君を撮影した。

こうした些細な事でも重要な件で努力をするツーリストは好ましい♪

左側の男がこっちの方を指さしているのがあとで分かったが、何か文句があったのだろうか?

その場では何もクレームのようなものはなかったが・・・・

以下もシナ人らしきカップルが和服を着て白川あたりをお散歩らしい

Chinese people wearing Japanese Kimono@Gion, Kyoto


これは日本らしい街並みを撮っていたところへ彼女らがフレームインしてきたから

こっちに非はない、と断言しておこう♪

以前よりはぐっと増殖中の和服を着たツーリストだが、聞こえてくる言葉はほぼすべてがシナ語である。

といっても台湾国語も混じっている。

台湾人が和服を着たいという気持ちは素直に受け止めたいが

大陸人となるとその反日との論理的整合性はどうなのか、と疑問に思うが、

よいほうに考えると親日が本音なのだし、悪い方に考えるとこうして背乗り工作の準備、ということだろうか?

さて、それはともかく

The proprietress of Gion-Kirara, Kyoto


上は花見小路にある「祇をん・きらら」というお店の女将である。

ご本人にインターネットで拡散しますがよろしいですか、と確認したところ

どんどんしてほしい、ということなのでFlickrに続いてこちらにも掲載する。

その「きらら」でいただいた「彩御膳」である。


Irodori-Gozen(彩御膳)@Gion-Kirara, Kyoto


おばんざいと天ぷら、炊き込みご飯と汁でなんと1800円というリーズナブルなお値段

お味も京らしいはんなりとして素材の味が際立つ美味しさだった。

京におでかけの節は是非ともお寄りになってみてはいかが?


お店の紹介ついでに以下も

京都東山二年坂、港屋 丹波黒 二年坂店の看板娘が売る「あげもち」が美味だった件

「あげもち」四個で200円也

Smile for you, Mitato-Ya shop at Ninenzaka Kyoto


笑顔が可愛い看板娘

彼女からもしっかりご承認はいただきました♪

こんな笑顔が撮れるとは大収穫ではあった。






[PR]
# by amselstillalive | 2016-12-28 05:51 | 日本 | Comments(12)

【一時帰国篇】清水寺近辺をX-T2で

亡き父の七回忌の法要のため一時帰国した。

もっていったのはX-T2にレンズはXF35㎜F1.4Rの一本のみ。

実に潔い選択であると自画自賛するのであります♪

今回も時間の都合で京都は一日のみ、またもや大阪在住の幼なじみS君のお世話になりました。

大阪のホテルから一時間で清水寺に到着。

大阪と京都は近いなあ♪

Autumn at the trace3@Kiyomizu, Kyoto


紅葉がなごる初冬というには暖かい日だった。

約50㎜相当の標準レンズゆえ制約はあるものの割り切って使えば何も問題はない。

X-T2のストレスレスな操作性で気持ちよく撮影できた。

Autumn at the trace2@Kiyomizu, Kyoto


ライン低地地方よりも約10℃は高い気温ゆえやや汗ばんでくるほどである。

こんな紅葉はドイツにはないが、あっても一月前の風情である。

今年だけがこうなのか旅行者には知りようもないが

ただ目前に展開する光景を無心に撮るばかりだ。

紅葉はやはり透過光で写すのが善哉♪

Autumn at the trace@Kiyomizu, Kyoto


風景なら絞りたいところではあるが、ひたすらF1.4開放で撮る。

狙いどおりに立体感・空気感がでて嬉しい♪

RAW現像はせずJPEGで撮ったものに若干の手を加えた。

フィルムシュミレーションは、クラシッククロームである。

渋い発色が京都の晩秋あるいは初冬の光景に実に相応しい。

最後にACROSで撮ったものを以下に
Ninenzaka(二年坂) Kyoto


二年坂を下る愚息を撮ろうとしたのだが

悲しそうな目をした女子が目に入ったので急遽そちらへフォーカスした。

外人らしい男に騙されているのだろうか?

早く現実に目覚めよ、と余計なことを思う凹凸

スナップショット用としてもよく使えるX-T2なのであります♪







[PR]
# by amselstillalive | 2016-12-21 21:02 | 日本 | Comments(6)

ACROSを、X-T2デフォルト設定で撮影してみた件

X-T2のデフォルト設定はどうなのか一度は試す価値がある。

フィルムシュミレーションはむろんACROS、XF35㎜F2を装着して撮影した。

およその結果は予想できたが、こんな仕上がりになった。

2:45 PM Düsseldorf


黒が締まり、ダイナミックレンジも広くグレートーンが滑らかで気持ちがいい♪

諧調が豊かなのは24MPの新センサーのお蔭だろう。

絞りはF2開放だが、シャッタースピードはマニュアルで1/2000を選択した。

ほとんど太陽を直視したフレームなので画面右下にゴーストがでている。

しかし、これだけしかでない、ともいえる。

午後3時前なのに陽の低さに注目されたし凹凸

winter light on Kö, Düsseldorf

上は絞りをF7.1まで絞り込んだ、しかし実はF5.6で充分なのだ。

梢を細かく描写したかったので老婆心で絞り込んだのであった。

結果は、かって惚れ込んだコダックのC41現像モノクロBW400CNの描写を思わせるものだった。

Fujifilm では同社のモノクロフィルムの描写を狙ったのだろうが、

しかしわたしには縁がなかったのでよくわからないのである凹凸

1:44PM Düsseldorf


上はF2開放であったが、ほぼ遠景の人々がよく描写されている。

XF3㎜F2は実に優秀なレンズなのである。

大きなボケを期待するのでなければF2で充分だ。

スナップのようなケースではAFも早いのでXF35㎜F1.4よりは使いやすい

という定説どおりである。

1:48 PM Düsseldorf


スナップで路上の人々をねらう場合はノーファインダーが常道だが

これもF2で撮影してしまった。

絞り込んで多くの人々を画面に入れ込むより

特定の人が浮き上がり画面に奥行きがでる開放絞りがよいと思ったからだ。

しかしそれはカメラのAF性能が頼りとなるが

その点はX-T2は実に頼りになる。

ちゃんと狙い撮りの人にフォーカスされた。

水平が偏っているがスナップならそれも魅力の一つであろう♪

1:38 PM

【結論】

X-E1+XF35㎜F1.4が醸すような柔らかくまるい世界ではないが

黒が生き生きと自己主張するようなデフォルト設定のACROSはこれはこれで魅力なのである。

この場合にはXF35㎜F2を選択するのが善哉♪

ということになった。






[PR]
# by amselstillalive | 2016-12-01 20:06 | 機材 | Comments(2)