アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

Zeiss Touit Planar 1.8/32 T*はむしろX-Trans初期型との親和性があるという件

X-T2につけっぱなしのZeiss Touit Planar 1.8/32 T*だったが

X-E1に着け代えてみた。

ちなみにこのレンズ付属のフードは長すぎるという感想ももつユーザーが多いが

Otus系のデザインに固執しすぎなのではないだろうか?(その点、Loxiaのデザインは好ましい)

つまり装着した見栄えはレンズフードのせいであまり善哉とはいえぬ凹凸

それはともかく撮影結果はどうかといえば・・・


early spring light


X-Trans初期型センサーの長所がよりよく発揮されたような気がする。

技術的にどうなっているか知らないのであくまで「気がする」という感想をもったに過ぎない。

初期型センサーの長所とは何だろうか?

線の細い十分な高精細さと柔らかい描写である。


early spring light 2


これが二代目となると線の細さが失われ、シャープネスが強くなり細部が潰れるようになってしまった。

いわゆる「塗り絵」とか「油絵」的な描写といわれている。

これはX20に顕著であり、購入後すぐに嫌気がさしまもなく手放した。(ちなみにX-T10も同じ理由で去って行った凹凸)

代わりに購入したX-M1は初期型最終モデルであったゆえ

初期型長所がもっとよく発揮されている。


walking with white dog


X-E1においてもその初期型センサーが味わえるのが嬉しい。

Touit Planar 1.8/32の精密描写がX-Trans初期型センサーのありがたみを深めてくれたようだ。

X-T2の三代目センサーはピクセルが50%増加したため精細感も増したが

二代目の細部のつぶれはまだあるようだ。

これはシャープネスを-1あるいは-2に調整することで少し免れる。


early spring light 4


それとは逆に初期型ではコントラストがやや不足のような気がする。

これもまた技術的検証ができないので、あくまで気がするという感想にとどまる。

これは三代目センサーを搭載したX-T2のフィルムシュミレーションACROSをスタンダードに見た場合である。

ACROSに慣れる前は初期型のコントラストでちょうどいいと感じていたのに

ACROS後は見方が変化してしまった。

ゆえにX-E1で撮影する場合シャドートーンを+1にすることにしたのである。





[PR]
# by amselstillalive | 2017-02-25 22:07 | 機材 | Comments(4)

とくに必要としていなかったレンズ(Zeiss Touit Planar 1.8/32 T*)で散歩道の出来事を

とくに必要としていなかったが使ってみると大変気に入ってしまい

目下X-T2につけっぱなしのZeiss Touit Planar 1.8/32 T*で散歩途上でであった事柄を記録する。


walking away 2


春の陽射しでトーンが和らぐのが嬉しい。

この日は薄ぼんやりとはっきりしない日ではあったが

生温かい気温に誘われたのかいつもの散歩道にも人が多く出ていた。


walking with black dog


人ばかりではなくワンコたちも心なしか足取りが弾んでいるようだ。

陽射しで後景が薄く霞んでいるのが好ましい。


walking with black dog 2


これなどはレンズより、ACROSの黒の表現が目立った。

ACROSに赤フィルターを加えている。

X-T2ではこういうことができるので楽しい。


sleeping


近くの農家で乗馬用に飼っている馬たちが陽気のせいか立ったまま昼寝中である♪

三頭揃ってとは珍しい。

集合意識があるのを容易に知ることができる。


how are you today, Henry?


こちらは驢馬のヘンリー。

かなりの爺さんのようだが労働免除されているので

幸福な晩年を送っているようだ。

この一枚は昨日(17日)久方ぶりにFlickrでExploreされた。

なんでだろう?凹凸♪









[PR]
# by amselstillalive | 2017-02-18 17:03 | 機材 | Comments(4)

とくに必要としていなかったレンズ(Zeiss Touit Planar 1.8/32 T*)が活躍している件

とくに必要としていなかったが使ってみると大変気に入ってしまい

目下X-T2につけっぱなしのZeiss Touit Planar 1.8/32 T*なのであります。

rainy night in Bochum


こんな描写をされてはそれもむべなるかな

このレンズ、防湿防塵ではなかったとおもうが雨の夜にももちだしてしまった凹凸

軽くF4に絞ってがISOは2500にあげてあるのでSSも1/250で悠々だった♪


rainy night in Bochum 2


この日の朝は雪だったのだが夜になって雨に変わった

スーパー入り口の日よけの下で濡れた舗道を撮る。

印象>>ACROSの黒の描写が光る。


at central station of Bochum


この夜はストリートスナップばかりだったが、ノーファイダーだがしかしチルト式液晶のおかげで

人に怪しまれずに真正面から撮ってしまえる。

プライバシー侵害の訴えがあればすぐ削除するがたぶんないだろう。

モスレム三人娘の揃い踏みだが、難民なのかどうかは知らねど最近はめっきり増えた。

被写体としては普通のドイツ女子(一枚目)などよりは興味深く観察できる。


Herne in twilight



それはともあれ夜の街頭に持ちだすには実に優れた高感度性能をもつX-T2であることと

ACROSの黒の表現の好ましさを痛感した夜であった。

これらにレンズがどれくらい貢献しているのかわからないが

F4からF5.6に絞った場合のPlanarらしい描写ではあったと思う♪








[PR]
# by amselstillalive | 2017-02-16 19:25 | 機材 | Comments(2)

またとくに必要としていないレンズ(Zeiss Touit Planar 1.8/32 T*)をゲットしてしまった件

またとくに必要としていないレンズをついゲットしてしまった凹凸

Zeiss Touit Planar 1.8/32 T*である。

APS-Cでは48㎜相当であるゆえ、これでXF35mmF1.4R 、XF35mmF2Rとあわせて標準レンズ50㎜相当だけで3本になってしまった(苦笑)

フジノンXFレンズになんら不満はないのだが、結果いずれも描写特性が異なるので仕方がないのである。


delight light in winter 2


TouitはさすがにPlanarらしい光の描写で満足である。

Cosina製造の一眼レフ用のシリーズはM42のZSをもっているがそれとは明らかに異なり

むしろY/C時代の描写に先祖帰りしているようだ。

つまり線が細くコントラストもそれほど高くはない。


frozen lake


これはどうもContx Gレンズに近い描写ではないか?と感じる。

ということは噂通り京セラ製造なのではないかと思う。

GレンズもそういえばAFであったから、CosinaとちがってAF製造能力はある。

持論だが、Leicaは影の、Zeissは光の描写に秀でる。


frozen pond


それを承知で使用するとよりよい撮影結果が得られると考える。

つまり、光蜥蜴の場合も切り取り方がLeicaとは当然異なってくるのデス。

あるいはただ漠然と撮っていても結果はおのずとZeissの場合は光の部分が際立ってくるのだ。


delight light in winter 4


今年はドイツの冬にはめずらしい晴れの日が多い。

それでZeissがよく働いてくれる。

繊細な描写とX-T2の高精細センサーが親和性よく機能する。

買ってよかった

と思っています♪







[PR]
# by amselstillalive | 2017-01-24 06:47 | 機材 | Comments(8)

【一時帰国篇】建仁寺をX-T2で

年末年始があって、一時帰国の感慨がすっかりどっかへいってしまった(苦笑)

で、いまさらながら記憶をすこし温めてみる。

京都祇園は花見小路を南に突き当たるとそこが建仁寺である。

もと鎌倉建長寺館長でおられた湊素堂老師が建仁寺にお移りになったのは昭和55年だった。


moss@Kennin-ji, Kyoto



老師は十年前に94歳で遷化された。

特に親しくお目にかかったことはないが、家が檀家になっている寺の本山が建長寺であるため、

当時は毎年老師のお書きになった書と禅画のカレンダーを頂戴していた。

ただそれだけの縁なのだが、なにやらありがたきご恩を感じている。


water bowl@Kennin-ji, Kyoto


しかし老師が京都へ移られて以来はそのカレンダーも入手できなくなった。

またわたし自身も祖国を離れて暮らすようになったため老師の謦咳(の噂)に接することもなくなったのである。

それからほぼ30年が過ぎ、老師遷化から10年にしてやっと建仁寺を訪れることができた。

建仁寺といえば今やその法堂の天井に最近描かれた双竜図が有名になってしまったが、

わたしにとっては素堂老師のお姿を追うトポスである。


roots@Kennin-ji, Kyoto


晩秋の京都はライン低地地方に比して随分と暖かく、

紅葉の名残が過ぎ去った華やかさと

すでにおられぬお方の面影を偲ぶにふさわしい侘しい光が庫裏の中庭に満ちていた。


Autumn at the trace2@Kennin-ji, Kyoto


そのころ幼きわたしの禅への関心をかきたててくださった老師との

一期一会がその光だったのだろうか?

合掌

















[PR]
# by amselstillalive | 2017-01-12 21:44 | 日本 | Comments(2)