アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

続・上野谷中界隈ぶら歩き

16日午後京都から東京へ帰り、翌17日は台風上陸のためホテルで籠城したため、結局東京で撮影できたのは18日の一日だけでした。

ヨッシー師匠と上野公園で待ち合せました。


DSCF8013


公園のカラスも台風一過涼風ならぬ熱波に襲われ戸惑っている様子(^^♪

今年九月初めから中旬にかけては、東京も京都も暑かった。この時期にともに気温30℃を超えていたのは驚きでした。いささかの凉はあるかと思っていたのでまったくあてが外れたのでした。

この後、東照宮を参観し、芸大そばを通って谷中へぬけ徳川慶喜公の墓地を参拝し、日暮里のカメラ屋さんを冷やかすという一日でした。

詳細を述べるのは何なので撮った写真を並べ必要なキャプションを加えることで「上野谷中界隈ぶら歩き」とさせていただきます。


DSCF8009cc
<花園稲荷神社>


DSCF8032
<修繕成った東照宮のデテール>


DSCF8030
<東照宮境内の彼岸花>


DSCF8043
<東照宮入口近くのお土産屋さんで食した昔懐かしい「東京風ラーメン」。子供のころはこんなラーメンしかなかった。しかしこのお店のは焼き豚の代わりにハムが半切れ。実に割り切ったものである。御足500円也。味は昔のまま(^^♪>


DSCF8048
<慶喜公とご家族のお墓>


DSCF8053soft
<谷中の某喫茶店。普通の住まいを改造したものだが冷房の効いた部屋が居心地よく長居をしてしまった。長居の理由はしかしそれだけではなかった🎶>


DSCF8055cc
<谷中の路上で出くわしたX-T2ユーザー。お互いに写真をとりあったものの写真の交換はせずそのまま別れた。実に急ぎよい出会いと別れであった♪>



どうも話が変な方に流れたままこのエントリーが終わりそうなので、最後にα7Rユーザーでもあるヨッシー師匠から頂戴したお土産を紹介しておきましょう。


DSCF8066


α7専用のハーフケースです。これがあるとグリップがしっかりとするので重宝します。

さらに日よけ用のNikon製ファインダーアダプターも頂戴しました。

ヨッシー師匠、ありがとうございました🎶。







[PR]
# by amselstillalive | 2017-11-17 18:11 | 日本 | Comments(0)

上野谷中界隈ぶら歩き

「ぶら歩き」という言い方が何時頃から使われるのか定かではない。わたしが離日してもう28年が経つがこの間の出来事なのだろう。

つまり使いつけない言葉なのだが、とりあえずまあいいや、としておきます。

もう二月前になってしまった一時帰国ですが遅ればせながらご報告いたします。

時系列的に逆回しで行います。

つまり今回の上野谷中界隈の散歩は旅行最終日のことなのでありました。

以下これより遡って報告しようと思っています。

light&shadow@Ueno, Tokyo


XF23mmF2を本格的に使用したのは今回の旅行だったのですが、使いやすいな、と感じたのはこんなシーンでした。

高精細でハイコントラストな描写性能が思い切り全開されているのが小気味よいのであります。

また今回はこの23㎜以外にXF35mmF1.4だけを持参しました。

2本とも軽量なので負担が軽くまさに旅行向きで狙い通りです。


light&shadow@Ueno Toshogu, Tokyo


上は35㎜ですが絞っているので広角風の仕上がりになりました。

やはり使い慣れたレンズは使いやすいのであります♪

XF23mmF2は全味協会員でお世話になっているヨッシー師匠のお手を煩わせて入手したのですが楽しい里帰りでもありました。


light&shadow@Ueno, Tokyo 2


かってはAi Nikkor 35㎜ F2.8をFG-20につけっぱなしで20年使い続けて何の疑問も不便も感じなかったわたしですが、今や35㎜相当にはかなりの使い難さを感じています。

高梨豊師の焦点距離=年齢論が身に沁みて納得がゆく35㎜不信感なのであります。

どうも漠然とした画柄になってしまう気がしてちょっと不安なのデス。


DSCF8004ar


端的に云ってわたしには広角すぎる、このことであります。

ちなみに今回初めて投宿したAPAホテルが上の公園の向こうに見えています。

ついでにいえば、ボイコット中のはずなチャイナ・ツーリストが多量に滞在中でありました。

それはともかく35㎜相当のレンズですが使い難いと感じながらもせっかく持参したことゆえ結構使用したのでありました。


<続く>



[PR]
# by amselstillalive | 2017-11-14 20:07 | 日本 | Comments(0)

ブダペスト市内をぶら歩き

ブダペストで3泊4日だけの短い滞在時間を過ごしたのはもう二月以上前のことになってしまいました。

その後すぐ一時帰国が二週間あり、ブダペストの印象がかなり薄まった感もあります。

そこで日本へ発つ直前にFacebookに記した以下の文と写真を転載します。

"魯迅を高校生の時に読んだのがきっかけで中国文学などというものを志したのでしたが、中でも以下の言葉が子供だったわたしの心に棘となって刺さったのでした。それは、「絶望が虚妄であるのは、まさに希望と同じだ」、というもので、これは散文詩集『野草』の中の『希望』という一篇に引用されたハンガリーの詩人ペテーフィの詩の一節ということでした。このことだけでわたしの記憶の中にペテーフィの名が刻まれたのでした。今回ブダペストの街を歩いていて「Petőfi」という文字を冠した博物館が目に留まりました。なんとこれはまさしくあのペテーフィを記念する文学博物館だったのです。これも何かの縁と思って参観しましたが、わずか25歳でハンガリー独立戦争で行方不明(戦死の確認できず)となってしまった詩人ゆえ展示物は少なくて寂しい感じがしました。"


DSCF7424DSCF7425


わたしの貧弱なハンガリーとブダペストに関する知識では当地においてはこのペテーフィしか思いつきませんでした。
この博物館のある一帯の写真をいくつかランダムに貼っておきます。

DSCF7381sw


DSCF7382

DSCF7384


DSCF7385

DSCF7386


どうもやはりこう見るとどれも旅行写真にしかすぎず情けない思いがします。

それはともかく街の雰囲気は感じていただけるでしょう。

おそらくはウイーンを模したと思われるドイツ・オーストリア風の建築と街並みです。

そして社会主義時代の停滞と退廃が漂っている気配もします。

実はあとで知ったのですが、この博物館のある通りに沿って北に向かうと、あのロバート・キャパの生家があるそうです。




尊敬しはしても好みではない写真家ゆえ下調べもしないまま彼の故郷ブダペストを訪ねたのです。

次回はきっとそのゆかりの場所を訪ねてみようと思います。

一つだけ彼に関する誤解に疑問を呈しておきましょう。

彼の愛用したカメラはライカでしたが、それがM3だったという誤解です。

M3が発表されたのは1954年のフォトキナでした。その頃は4月に開催されていたようです。


B 145 Bild-F001518-0001
1954年フォトキナ

そしてキャパはその年4月は東京を訪れ、そこでライフのヴィエトナム行きのオッファーがありそれを受けそのままヴィエトナムへ赴き、5月25日地雷を踏んで死亡しました。

あるいはマグナムとライカの親しい関係からM3の試作品を使用させてもらっていた可能性もありますが、どなたかこの件につきお詳しいご教示をお待ちします。

しかし彼がヴィエトナムに持参したカメラはコンタックスIIとニコンSの二台と知られています。

横木安良夫氏のブログから引用します。

Capa



なにやら分裂気味のエントリーになりました。少ない読者の皆さまのご寛恕を♪



[PR]
# by amselstillalive | 2017-11-08 20:16 | ブダペスト | Comments(2)

とくに必要としていないレンズ、FE55㎜F1.8ZAをゲットした件

もう二月前のブダペスト旅行報告がまだ完成していないわけですが、また悪いビョーキがでて、とくに必要としていないレンズをゲットしてしまったので、そっちの方を先に報告したいと思います凹凸(^^♪

そのレンズとは、Zeiss FE1.8/55 ZA T*であります。

わたしにとってはSony製のZeissレンズは初めてになります。

late autumn light@Heilbronn, Germany


F1.8という開放絞りですが、焦点距離が55㎜のため有効口径がやや大きくなり、ほぼ50㎜のF1.6に相当するボケ量です。

F1.4,F1.6さらにF1.8とほとんどボケ具合に差は(個人的には)感じていないのでこれはまあ善哉、と判断しましょう♪

よくボケる、といってもいいのではないか、と感じます。

また持論ですが、Zeissらしい光の描写に秀でた光学性能ではないでしょうか?

以下もそれをよく物語っているようです。↓

late autumn light@Heilbronn, Germany 2


また55㎜という焦点距離も還暦を数年すぎた高齢者としてはまことに使いやすいのであります。

高梨豊師の「焦点距離=年齢論」を思い起こしてください。

ここからすると60㎜がもっと使いやすそう、という推論も成り立つわけですが、

60㎜というとマクロレンズばかりでしかも重いのが多いので剣呑です。

まずはこの55㎜で若い気分を味わっておこう(^^♪


このボケを「生かして」ついついボケパノまで撮影してしまいました。


autumn light@Südpark, Heilbronn, Germany


ボケパノ用のレンズを持参していなかったので、装着していたこのレンズで敢行したわけです。

機材は
Sony Alpha7+Zeiss FE 1.8/55 ZA T*,
x 9枚
右下から逆S字撮影
合成は MS-ICE ということなんですが、そこそこぎりぎりボケパノとして成立しているのではないか、と自画自賛するのであります。

またこのレンズ、シャープさで高名でありますが、そっちはどうなのか?


wine field after harvest@Heilbronn, Germany


F5.6まで絞ってみました。

すでに収穫を終えた南ドイツのワイン畑が隅々までクリアーに描写されています。

こういう高精細な描写を見せつけられると、このレンズ性能をより生かすために

α7RIIに装着したら如何であろう、

という余計な想念が浮かんでくるのであります。

折からα7RIIIも発表となり旧型の値落ちが期待できるからかも知れません。

これぞまさしくとくに必要としていないレンズをゲットした報いでしょうか?

物欲、もとい、写欲がぐんぐん盛り上がってくるのであります(^^♪








[PR]
# by amselstillalive | 2017-11-02 18:06 | 機材 | Comments(0)

一時帰国直前のブダペスト旅行

実は一時帰国の前にすでに以前から決まっていたブダペスト旅行があったのだった。

結果から言えば、3泊4日のブダペストは期待以上の喜びがあったが、帰って中一日をおいて日本へ離陸というハードスケジュールのため、よく消化しないまま日本の印象がかぶさってしまい、ブダペストでの印象をよく反芻することもなかった。

さて持参したのはX-T2に定番XF35mmF1.4にくわえてXF23mmF2をとも考えたのだが、よく使い慣れていないレンズなのでXF18-55ズームにしておいた。

tourists@Danube,Budapest


しかしよく考えてみると、このズームだってよく使い慣れてはいないのだった。

でもまあ便利は便利だし、どうせボケないとは知っているので主に絞って撮影することになり、結果は上々だったと思う。

でもね、上の画(ブダ王宮からドナウ川とペスト側を眺望するもの)ですがこれなんか使用したのは35㎜でしたよ。

そして以下の画(ブダ側からドナウ対岸の国会議事堂を望むカッフェーですが)これもなんと35㎜だったわけで、

んじゃあズームをもっていかなくてもよかったかな、という疑問が今更ながら湧いてくる凹凸


Pest view from Buda side@Budapest


とはいいながら、もっと結果を見てみると、以下の画、ペスト側の観光船乗り場でスマフォを見る女子と対岸のブダ王宮、ですが、これはちゃんと18mmで撮ってる。

だからまったくズーム用無しだったわけではなかった、と。♪

でも35㎜をよく使っているのは、やっぱ好きなんだね、と考えるしかない。


evening light@Donau, Budapest


でもね、ズームを使用するとなんかこういかにも旅行写真つう画ばっかりになってくるのだね、これがどうも胡乱なのであります。

APS-Cで35㎜相当の23㎜でも充分広角なのに28㎜相当の18㎜を使うなんてのはよほどのことがないかぎりない。

むしろ望遠側の55㎜(83㎜相当)の方がよく使ったようです。

night@Budapest

これは西駅ちかくの交差点付近ですが、ポスターの女子の顔があくまで撮りたかったので望遠いっぱいにのばしました。

また以下は、メインストリートのアンドラーシ通り (Andrássy út)の一方の側から対面側の人通りを狙ったものですが、これもやはり55㎜を使用。

これならむしろXF56㎜をもって行けばよかったな、と思ったものの、なんだおれはそのレンズもってないじゃん凹凸

かわりに使っているニッコールAi 55㎜F1.2でもよかったと思われるが、しかしあれは重いので持参リストからはじかれてしまったのだった。

light&shadow2@Budapest


ということで今後のXFレンズのラインナップを如何にせむ、ということを深く思い知ったわけです。

老年にはいりいよいよ広角嫌いの傾向が強まるわたしめゆえ、今後は50㎜と85㎜相当が中心になりそうだ。

とすると、前回に述べたXF23mmF2の不要性が益々強まる凹凸

さて、それはともかく、機材のことばかりでまったくブダペストについて述べていない。

次回はそれについて若干述べよう。そして写真はXF35mmF1.4で撮ったものを主に使う予定です。

50㎜相当のレンズは視点が明確になるので旅行写真よりは思索的雰囲気が醸し出せるはずだ。






[PR]
# by amselstillalive | 2017-10-20 18:46 | ブダペスト | Comments(0)