アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今年最初のアムステルダム行、XF18-55とともに

今年最初のアムステルダム行は一泊二日だった。

彼岸過ぎとてもう寒くはないがしかし海風は冷たい。

今回はカメラはX-T2一台のみ、レンズはXF18-55とTouit1.8/32の2本だけにした。

一日目はXF18-55を使用した。


Church of Saint Nicholas, Amsterdam


XF18-55は主に18㎜を使いファイルは画面比率16:9のMサイズ4240×2384で記録した。RAWも同時記録し必要があれば現像した。

何故かというと、アムステルダムについてFlickrメンバーでオランダ人の某氏がX-T2+XF14㎜で秀逸なイメージを記録されているので

ちょいと顰に倣ってみたのである。無論35ミリ版で広角21ミリと27ミリでは随分と異なるのは承知の上だ。

これまで広角はあまり好まぬが少し気分を転換してみたくなったのだ。


Amsterdam central station & VVV


ほとんどがパンフォーカスになるよう絞りもシャッター速度も調整した。

このレンズにはボケは期待していないからだ。

XC16-50は廉価版でも秀逸な写りであったが、X-T10とともに手放したので

今やXF18-55が唯一のズームになった。


Bike at water in Amsterdam 2017


X-E1に装着したよりはX-T2に使用したほうがより精細な描写に感じるのだがセンサーのお蔭だろうか?

これまでほとんど使用する機会がなかったズームだが大いに見直した。

ちなみにシャープネスは-2に調整してある。

デフォルト設定ではX-Trans CMOS II同様に細部が潰れて油絵のようになるからだ。

しかし24MPのX-Trans CMOS IIIの方がややマシかも知れない。

小さなサイズでは目立たぬしA4に印刷すればほとんど気にはならないのだが

どうも嫌でX-T10とは別れることになったのは残念だった。

それはともかく、

次の一枚はRAW現像で細部にこだわってみたものである。

画面比率も3:2にしてみた。建物をうまく画面にはめ込むためである。


Nieuwmarkt (Amsterdam)


Flickrにて拡大していただければ建物壁面が高精細に再現されているのがお分かりになろう。

XF18-55mmF2.8-4は優れたレンズである。

XF10-24㎜F4通しの広角ズームが評判良いようだがどうも重すぎるようだ。

やはり単焦点レンズが欲しい。

XF14㎜、XF16㎜、XF18㎜などが候補だが、XF18-55がここまで優秀なら

無理をして散財するには及ぶまい。

とりあえず広角側が35ミリ版27㎜相当のこの標準ズームでいいのではないか、と感じた。


Bike at water in Amsterdam 2017(4)

以上、アムステルダムについての記述がなかったが次回以降に述べたいと思います♪






[PR]
by amselstillalive | 2017-03-29 06:52 | Amsterdam | Comments(6)