アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

"Bokeh Panorama"に相応しい機材

"Bokeh Panorama"に相応しい機材はといえばAPS-C機でないことは理論的にも実践的にもわかった。

理論上はAPS-Cセンサー機で8枚重ねで撮影しても中判ロクナナ(6x7)にしかならない。

しかし35㎜フルフレーム機であれば4枚重ねで ロクナナ、8枚重ねであれば大判シノゴ(4x5)相当の画になるわけだ。

かって所有していたD610はすでに手元にないのでフルフレーム機を新たに導入する必要がある。

手持ちのオールドレンズ(M42,L/R,Y/C,Contax Gなど)を有効利用するためα7カメラを欲しいとかねがね思っているので、このボケパノもよい理由(言い訳)になりそうだ♪

一方、問題はレンズをどうするか、である。

Flickrにおけるボケパノ大御所連はα7+FD 85mmF1.2であることはすでに紹介した。一つにはボケ量が大きいことと重量、さらにコストパフォーマンスの高さがあるからである。


BokePanoExp2S

ボケ量から検討する。

ボケ量の目安となる数値に「レンズの有効口径」がある。

焦点距離÷F値=レンズの有効口径

この数値でレンズのボケ量が簡単にわかる。35㎜版標準レンズである50㎜F1.4であれば

50÷1.4=38

となる。

手持ちの55㎜F1.2は

55÷1.2=42

であるからややボケ量が大きい。

これを85㎜、105㎜、135㎜などで比較すると

85㎜F1.2>>85÷1.2=71
85㎜F1.4>>85÷1.4=61
85㎜F1.8>>85÷1.8=47
105㎜F1.8>>105÷1.8=58
135㎜F2>>135÷2=68

となり85㎜F1.2のボケ量が大きいこと一目瞭然である。

中古現行製品などいくつか比較してみれば自ずといずれのレンズがベストであるか了解できるだろう。いちいちここで比較はしない。

比較ポイントは価格と重量である。いささか乱暴だがここでの重点はボケ量ゆえその他のレンズ性能は、まっほとんど変わりがなかろう、としておく。

やや妥協して85㎜F1.4でもいいかもしれぬ。これなら某国製の廉価レンズが新品で買える。

いずれにせよα7IIが価格落ちした時が導入時期となろう♪















[PR]
by amselstillalive | 2017-04-21 16:04 | 写真撮影 | Comments(2)
Commented by 皐月の樹 at 2017-04-25 21:56 x
FBでもご報告いたしましたが、1.4/85㎜でも私には十分の立体感と感じました。
K-1で4枚合成、6枚合成、9枚合成を試してみましたが、いずれもバケペンの2.4/105㎜を超える立体感でした。
センサーサイズの影響も、大きいでしょうね。APS-Cだと物足りないと感じたと思います。あるいは、合成枚数が増えて、手間が増えますね^^;
今回試してみまして、私の撮影方法にも問題があると感じました。
今度、再チャレンジしてそれを確認したいと考えております。
今回は、横方向の動きは円筒座標的に回転させてシフトさせました。
それが歪の大きさに寄与したように思います。
本来は、カメラを横にスライドシフトさせながら撮るのが良いと思いました。
スライダーなどがあると良いのですが^^;
Commented by amselstillalive at 2017-04-26 17:47
Jodan師匠、
たしかにお写真を拝見するとK-1ではF1.4で充分ですね。F1.2ならよりボケるにせよ、わたしもf1.4で善哉と判断し、本日韓国サムヤング製の85㎜f1.4を発注しました♪新品で280ユーロですから助かります。DXOや価格コムなどでの評価も高いので決心しました。あとはα7IIの価格落ちを期待しています。
歪曲ですがご指摘のような改善策でほぼ解決すると思います。わたしはなるべくカメラをスライドさせるように撮影していました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード